日本国内を飛ぶ!航空会社ランキングBEST10

pixta ロゴ

日本国内を飛ぶ!航空会社ランキングBEST10

つい一昔は日本の航空会社は全日空と日本航空だけでしたが、今では次々と新しい航空会社が誕生しています。この記事では、日本国内を飛ぶ航空会社を紹介。これを読めば、便利な航空会社を見逃さないでしょう。
[更新日:

1位

全日空

現在、日本の航空会社の中で、一番安定しているのが全日空ではないでしょうか。日本をきめ細かく結び、アジアにも強い全日空。日本はもちろんアジアを代表する航空会社として成長しています。全日空はLCCと比較すると高めの運賃設定ですが、早割や特割を使うと割と安く利用することができます。また、全日空はスターアライアンスに加盟しているので、中国国際航空やルフトハンザなどの様々な航空会社で全日空のマイレージを使用することができます。

2位

日本航空

一時は経営危機に陥りましたが、今でも日本のフラッグキャリアであることに変わりはありません。日本のあらゆる空港を結ぶ充実の路線網に助けられた方も多いでしょう。日本航空で注目したいのはオンシーズンの臨時便。例えば、夏シーズンですと大阪~松本など、帰省などで使えそうな便を設定してくれるのです。もちろん、早めに購入すると安く済むので、帰省や旅行の時期が定まっている方は、ぜひ、日本航空のホームページをチェックしてください。

3位

スカイマーク

スカイマークの特徴は日本航空や全日空があまり使わない空港を使用すること。例えば、関東ですと茨城空港便、関西ですと神戸空港便が設定されています。その分、時間帯もよく料金も低価格で設定されています。ちなみに、茨城空港から東京駅へのバスは飛行機利用者に限って片道500円という格安設定です。もちろん、羽田空港や新千歳空港などのメジャーな便も用意されています。派手さはありませんが、シンプルで安いというのがスカイマークのウリといえましょう。

4位

スターフライヤー

空港に行くと「乗ってみたい」という気にさせてくれる飛行機がスターフライヤーです。スターフライヤーの特徴は何といっても内装。黒の革張りのシート、ゆとりのある足元、20チャンネルを誇る液晶パネルはとても魅力的。まるで、快適なオフィスにいるような気分にさせてくれます。これだけの豪華仕様にも関わらず、料金もリーゾナブル。また、料金がきちんと明示されているので、とてもわかりやすいですね。ぜひ、時間が合えばスターフライヤーを使ってみてはいかがでしょうか。

5位

Peach Aviation(ピーチ)

出典:

「ピーチ」と聞くと「安い」という点が強調されますが、それだけではありません。実は、成田空港に乗り入れるLCCの中で、一番利便性が高いのがピーチなのです。ピーチ以外のLCCは第三ターミナルから出発します。しかし、ピーチは国際線が乗り入れる第一ターミナルから出発するのです。そのため、国際線へのアクセスがとてもスムーズ。また、成田空港でのJR・京成への乗り換えも第三ターミナルと比較するとスムーズなのです。

6位

ジェットスター航空

出典:

ジェットスター航空は成田空港を中心にLCC中では路線網が充実しています。例えば、成田空港発ですと新千歳、関西、高松、松山、福岡、大分、熊本、鹿児島、那覇便が飛んでいます。そのため、今まで列車で時間をかけて四国、九州方面へ帰省されていた方でも、お気軽に飛行機が利用できるようになっています。その他、アジア、オーストラリア方面の路線も充実していますので、安くて使い勝手がいい航空会社と言えるのではないでしょうか。

7位

日本トランスオーシャン航空

日本トランスオーシャン航空は日本航空系の飛行機会社で沖縄を拠点としています。そのため、羽田空港から那覇行きはもちろん、石垣、宮古行き直行便があり、目的地までダイレクトに結んでくれます。また、メジャーな空港だけでなく、地方空港発着便も充実。小松、岡山発が設定されているので、気軽に沖縄へ行くこともできます。また、沖縄県内を結ぶ路線もあるので、沖縄旅行では日本トランスオーシャン航空を賢く使いたいですね。

8位

AIR DO

出典:

「AIR DO=北海道」という構図が頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。紆余曲折がありましたが、北海道の航空会社としてAIR DOは進化し続けています。北海道方面への充実した路線もさることながら、注目したいのは機内サービス。有料サービスでは北海道の素材を活かした軽食と北海道発のアルコール。無料サービスでも北海道の飲料水を飲むことができます。機内から北海道を味わいたければAIR DOがいいでしょう。

9位

フジドリームエアラインズ

2009年に名古屋空港(小牧)・静岡空港を拠点とする航空会社が誕生しました。それがフジドリームエアラインズです。国内15の空港から便が出ています。フジドリームエアラインズの特徴は地方空港発着便が多いこと。一般的な航空会社が離発着する羽田空港や関西空港には乗り入れていません。その代わり、出雲~名古屋(小牧)や新潟~名古屋(小牧)・福岡などがあります。「きっとこの線はないだろう」と諦める前に、フジドリームエアラインズをチェックしてください。

10位

天草エアライン

最後に紹介するのは熊本県の天草を拠点とするローカル航空会社天草エアラインです。就航路線は天草~熊本・福岡と天草~熊本~大阪(伊丹)空港です。日本一小さい航空会社ですが、黒字経営で頑張っています。そんな天草エアラインで注目したいのは旅行プラン。天草エアラインは旅行会社を通じて天草エアラインを使ったお得で便利な天草旅行のプランを提供しています。また、可愛いプロペラ機をアレンジしたオリジナルグッズもありますので、ぜひチェックしてください。

最後に

このように、日本には多くの航空会社があります。それぞれのウリを活かして、賢い旅行プランを組み立ててください。
この記事に関連する目的
公開日: 2016-06-06 18:13:08.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: