【重要】「ランキングシェア」サービス終了のお知らせ
日本三大祭り【天神祭】を楽しむお勧め旅プラン

gettyimages ロゴ

日本三大祭り【天神祭】を楽しむお勧め旅プラン

大阪の夏といえば、日本三大祭りのひとつ【天神祭】です。毎年7月24日に宵宮(よいみや)、25日に本宮(ほんみや)が行われています。本宮で行われる船渡御(ふなとぎょ)では、100艘にものぼる船が大川を行き交い、そのかがり火は川の水面を美しく照らし出します。さらに本宮のフィナーレともいえる奉納花火は大阪の中心部のビル群や大阪城をバックに夜空を彩ります。その美しさから「水と火の祭礼」とも呼ばれています。この奉納花火は毎年100万人以上の人手で賑わっています。
[更新日:

天神祭 本宮(ほんみや)

天神祭といえば奉納花火!
7月25日、天神祭本宮のクライマックスを飾る奉納花火。大阪市の中心部を流れる大川で行われます。毎年100万人以上の人手でに賑わいます。大川を渡る橋で見ることもできますが、文字通り非常に混み合います。最寄り駅のJR桜ノ宮駅は相当混雑しますので、少し歩いてJR京橋駅を利用すると良いでしょう。
基本情報
名称:天神祭奉納花火
場所:大阪市北区天満橋 大川一帯、毛馬桜之宮公園
交通手段:JR桜ノ宮駅から徒歩5分、JR京橋駅から徒歩15分
開催日時:7月25日(水)19:30~21:00ごろ
花火打上数:約5000発
例年の人出:100万人~130万人
詳細情報:天神祭ナビ
伝統ある船渡御(ふなとぎょ)も必見です!
大阪都心部の流れる大川を100艘以上の船団が行き交う船渡御では、賑々しく「だんじり囃子」が響き渡り、あちこち幾度となく「大阪締め」が取り交わされます。この船渡御で祭りのムードはどんどん盛り上がります。日が暮れると奉納花火も打ち上がりはじめ、天神祭は最高潮を迎えるのです。
基本情報
名称:本宮 船渡御
場所:大阪市 大川 天神橋北詰付近から
交通手段:JR桜ノ宮駅徒歩5分
日時:7月25日(水)18:00~21:00ごろ
詳細情報:天神祭ナビ

大阪観光におすすめのホテル

帝国ホテル大阪
なんといっても私のおすすめは帝国ホテル大阪です。唐突ですが私は大阪の某有名ホテル勤務経験者です。こちらのホテルを予約するならお急ぎになることを強くおすすめします。立地は天神祭の開催地、大川のほど近くにあります。奉納花火をホテル内上階で観覧できるプランは毎年大人気で食事付きでもあることから、ゆったりした気分で花火を満喫することができます。もちろん、すぐそこでお祭が行われているので、それだけでもとても便利なホテルです。
基本情報
名称:帝国ホテル大阪
住所:大阪府大阪市北区天満橋1ー8ー50
交通手段:JR環状線「桜ノ宮」駅 西出口より徒歩約5分
電話番号:06-6881-4100
ホテルグランヴィア大阪
ホテルグランヴィア大阪はJR大阪駅に直結しており、大阪観光の起点としやすいホテルです。天神祭当日には交通規制がしかれるので、JR環状線を利用する際にもスムースに行けること請け合いです。近隣には阪急、阪神、大丸などデパート群があるので、ショッピング好きな方にも最適な立地です。
基本情報
名称:ホテルグランヴィア大阪
住所:大阪市北区梅田3-1-1
交通手段:JR「大阪駅」⇒直結。中央口を出て右手すぐ
電話番号:06-6344-1235
新大阪ワシントンホテルプラザ
新大阪ワシントンホテルプラザはJR新大阪駅のすぐ近くにあります。駅から見えてしまう位なので迷うことはほぼありません。こちらのホテルは交通の便がいいこと、立地の割には宿泊料金が比較的リーズナブルなのがうれしいですね。コスパ面ではかなりおすすめです!
基本情報
名称:新大阪ワシントンホテルプラザ
住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15
交通手段:JR新大阪駅より徒歩約5分
電話番号:06-6303-8111
リーガロイヤルホテル
リーガロイヤルホテルは大阪の中心部、中之島にあります。JR大阪~ホテル間で無料バスが6分~15分間隔で運行されているので観光にも適しています。こちらのホテルといえば朝食がおいしいことでとても有名です。7月26日(木)からは隣接した中之島ビッグトップでキュリオスの大阪公演が行われます。
基本情報
名称:リーガロイヤルホテル
住所:大阪市北区中之島5-3-68
交通手段:京阪中之島線中之島駅直結/JR大阪駅下車。送迎バス10分
電話番号: 06ー6448-1121

天神祭に行くならチェックしておきたいスポット

大阪天満宮(通称:天満の天神さん)
大阪人に「天満の天神さん」として古くから親しまれている大阪天満宮。菅原道真公を祀り天神祭を行っている神社です。境内はそんなに広くはありませんが、毎年7月に入る頃から天神祭に関する神事やイベントもこの時期毎日のように行われています。
基本情報
名称:大阪天満宮
住所:大阪市北区天神橋2-1-8
交通手段:大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」/JR東西線「大阪天満宮駅」下車徒歩1分
電話番号:06ー6353ー0025
詳細情報:大阪天満宮公式サイト
天神橋筋商店街
日本一長い商店街と言われている天神橋筋商店街。全長2.6キロで、歩いて最初から最後まで何も見ずに歩いても、30分以上はかかります。天神祭の時期には商店街の中にも出店が出てくるし、お神輿も通ったりします。大阪市民にはおなじみの商店街です。
基本情報
名称:天神橋筋商店街
住所:大阪市北区天神橋1~7丁目
交通手段:JR天満駅/大阪メトロ堺筋線天神橋筋6丁目など
営業時間:店舗により異なります
定休日:店舗により異なります
詳細情報:天神橋筋商店街公式サイト
天満天神繁昌亭
大阪天満宮の北側に位置する落語専門の劇場。2006年にオープンして以来、若手からベテランまで様々な落語家が出演して人気を博している。その日によって出演者も様々であるため、行ってみるときは公式サイトで確認してみてもいいかも。
基本情報
名称:天満天神繁昌亭
住所:大阪市北区天神橋2-1-34
交通手段:大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」4‑B出口から徒歩3分
営業時間:昼席(13~16時ごろ)夜席(18~20時ごろ)
定休日:9月の第1土・日曜日
電話番号:06-6352-4874
詳細情報:天満天神繁昌亭公式サイト
大阪くらしの今昔館
天神橋6丁目の天神橋筋商店街内、大阪市立住まい情報センタービル内にある「大阪くらしの今昔館」。大阪の町と住まいを江戸時代から現代に渡るまでの移り変わりが体験できます。見所は江戸時代後期の「大坂」を詳細に復元した町並み。時間帯によって空の色や明るさが変化します。日によっていろいろなイベントも行われているのも楽しみのひとつです。
基本情報
名称:大阪くらしの今昔館
住所:大阪市北区天神橋6ー4-20住まい情報センタービル8階
交通手段:大阪メトロ谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3号出口より直結
営業時間:午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
定休日:火曜日 年末年始 12/29~1/2
電話番号:06-6242-1170
詳細情報:大阪くらしの今昔館公式サイト

まとめ

いかがでしたか?天神祭やその付近にある見所はまだまだたくさんあって、とても表現しきれるものではありません。この記事が気になってしまったあなた、是非是非、夏の大阪の代名詞「天神祭」を体感してほしいです。過去現在未来の大阪の活気の秘密がここで見つかるかもしれませんよ。
この記事に関連する目的
公開日: 2018-05-07 19:50:38.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: