沖縄 名護周辺おすすめ人気観光スポット15選 

pixta ロゴ

沖縄 名護周辺おすすめ人気観光スポット15選 

やんばる(山原)と呼ばれる沖縄本島最北部の玄関口といわれる名護市。東西を囲むように海が広がり、美しい山々が連なるそこはまさにリゾート地。広大な自然に支えられたおいしいグルメや楽しい観光地がたくさんあります。ファンの多い名護市で、自分だけの楽しみ方を探しちゃいましょう!
[更新日:

1位

ブセナ海中公園

ブセナ海中公園は、沖縄本島でも、トップクラスの海の透明度で有名なブセナ岬の突端に立つ公園です。視界が360度に開けた美しい海の展望はまさに絶景の名にふさわしい光景です。グラス底ボートからは色とりどりの魚たちや透き通った美しい海を手に取るように楽しむことが出来ますよ。天気が悪くても大丈夫。展望塔がありますよ。雨でもOKの全天候型です。展望塔の窓から海中をのぞくと、まるで竜宮城のように色鮮やかな海の風景を間近に感じることが出来ますよ。
基本情報
名称:ブセナ海中公園
住所:沖縄県名護市喜瀬1744-1
営業時間:
4月-10月 9:00 -18:00最終入場 17:30
11月-3月 9:00 -17:30最終入場 17:00
電話番号:
0980-52-3379
詳細URL: http://www.busena-marinepark.com/

2位

ブセナビーチ

ブセナビーチは一部一般開放ありのブセナリゾート系列ホテル宿泊者専用ビーチです。 プライベートビーチですので、ゆったりすごせます。きれいな海と沖縄の風を感じながらのんびり。白い砂浜で貝殻を見つけてみたり、海の中で、カラフルな魚と泳いだり、パラソルの下でゆっくり読書や昼寝を楽しんでみたり。監視員さんもいるので、安心して泳げます。沖縄ならではのリゾートらしさを堪能できるこのビーチ。アクティビティも充実しています。せっかくの沖縄、ぜひとも美しいビーチで素敵な思い出を作りましょう!
基本情報
名称:ブセナビーチ
住所: 沖縄県名護市字喜瀬1808
営業時間:9:00-17:00 (4/1-6/22、10/1-10/31)
9:00-18:00 (6/23-6/30、9/1-9/30 )
9:00-19:00 (7/1-8/31)
電話番号:098-51-1333
詳細URL:http://www.terrace.co.jp/busena/facilities/
(ブセナテラスホームページ)

3位

パイナップルパーク

可愛らしいデザインの「パイナップル号」に乗って園内散策ができるこの施設。ヤシの木に囲まれたパイナップル畑で、カートに乗せられ、パイナップル畑の中を見学することが出来ますよ。広いお土産コーナーでは、試食のパイナップルが食べ放題です。その他ワインやジュースも楽しめますよ。試食と試飲を堪能しちゃいましょう。 このほか石垣島産や本島産のいろいろなパイナップルがこちらで購入できます。産地別の食べ比べもできちゃいますね。途中写真撮影ポイントがあったりしますので、カメラをお忘れなく。お土産選びに向いているスポットです。
基本情報
名称:ナゴパイナップルパーク
住所:沖縄県名護市為又1195 
営業時間:
9:00-18:00 最終受付17:30
定休日:年中無休
電話番号:0980-53-3659
詳細URL:http://www.nagopain.com/

4位

ネオパーク

沖縄の豊かな気候と風土のなかで、熱帯地方の動植物を飼育しているこの施設では動物たちとの垣根のない触れ合いが楽しめます。直接動物にエサやりが楽しめるのが素敵ですよね。こちらの「動物ふれあいコーナー」では、なんとゾウガメと触れ合えるんですよ。この中にある国際種保存研究センターでは、さらに希少な動物を見学出来ます。小動物を抱っこして餌をあげることができたり、貴重な珍しい動物と触れ合える施設なので、お子さんとの思いで作りにもぴったりですよね。
基本情報
名称:ネオパーク
住所:沖縄県名護市名護4607-41
交通手段:許田ICより国道58号線を北上。名護イオンの次の信号を左折。
営業時間:9:00-17:30(最終入園17:00)
定休日:無休
電話番号:0980-52-6329
詳細URL:http://www.neopark.co.jp/

5位

万国津梁館

ひそかな穴場となっているのが、万国津梁館。こちらのコンベンションホールでは、かつてあの沖縄サミットが行われたんです。豪華な沖縄建築の建物で、館内に入場するとサミットの写真を見ることが出来ますよ。すぐ近くにカフェがあり、景色が抜群です。バルコニーで雄大な景色を眺めながら、おいしい食事が楽しめる贅沢なスポットです。静かな環境で、沖縄ならではの優美な風景と月桃茶を穏やかな気持ちでゆっくり楽しむ、なんていかがでしょうか。沖縄らしい自然に囲まれた美しい場所です。
基本情報
名称:万国津梁館
住所:那覇市泉崎1-20-1
交通手段:路線バス 系統番号20番ザ・ブセナリゾート前バス停下車
営業時間:施設見学9:00-17:00(最終入場16:30)
カフェテラス10:00-17:00(L.O 16:30)
電話番号:098-869-3301
詳細URL:http://www.shinryokan.com/detail.jsp?id=22211&menuid=6581&funcid=1
(万国津梁館カフェテラス)

6位

ひんぷんカジュマル

「ひんぷん」とは沖縄家屋にみられる屋敷と母屋の間に設けられた屏風石のことです。目隠しや悪霊除けとして使われた、この屏風石の名前が付いたガジュマルの木。その由来は昔、三司官の蔡温(さいおん)が、ガジュマルの木の横に三府龍脈碑を建てたことによります。その碑石がひんぷんに見えることからその近くにあったこの木が、ひんぷんカジュマルと呼ばれるようになりました。推定樹齢300年ともいわれるガジュマルの巨木は、今では国指定の天然記念物になっており、とても迫力のある大木として、文字通り大きな見どころの一つとなっています。
基本情報
名称:ひんぷんカジュマル
住所:沖縄県名護市大東1
交通手段:許田ICから国道58号、県道84号を大東方面へ車で8km 名護漁港交差点で右折、300mほど先の名護十字路で右折

7位

名護城跡公園

名護城跡公園の来歴は実ははっきりしておらず、名護の領主の居城であったとも、集落のあった場所だとも言われています。山頂付近は整備されていて桜の名所としても知られています。展望スポットからは名護を一望でき、街並みと海が綺麗に見え、本当に気持ちのいい場所が多いです。城の歴史を表示したものがたくさんあるので、それを読むのもまた楽しいですよ。階段を上がるのは少し大変かもしれませんが、名護市内で一番高い展望を堪能できます。美しい景色と綺麗な空気を楽しめるおすすめの絶景スポットです。
基本情報
名称:名護城跡公園
住所:沖縄県名護市名護5511
交通手段:国道58号線、名護消防署左折

8位

名護博物館

名護周辺の生活文化を学ぶことのできる施設です。農業、漁業、炭焼きにまつわる道具や機織りなどが展示されています。沖縄の民族の歴史を知ることのできる、貴重なスポットです。2階には鳥などの剥製や鯨に関する展示がされています。 この土地を感じることができる味のある博物館は、民俗学に興味のある方にはたまらないスポットといえるでしょう。博物館の館長だった方が、沖縄在来のアグー豚復活に尽力されたことからなのでしょうか、アグー豚の剥製がお出迎えしてくれますよ。ちょっとびっくりしちゃいますね。
基本情報
名称:名護博物館
住所:沖縄県名護市東江1-8-11
営業時間:
火曜日-日曜日 10:00-18:00
定休日:月曜日・祝日
電話番号:0980-53-1342
詳細URL:http://www.city.nago.okinawa.jp/4/3282.html

9位

ゴーヤーパーク

ゴーヤーパークは、なんとコスパ最高、入園無料で楽しむことが出来る施設です。いつでもゴーヤーの果実が実り、本物のゴーヤーを年間を通して楽しむことが出来る施設です。ゴーヤー関連の沖縄人気土産の試食も出来ます。中でも気になるのがゴーヤーパークオリジナルのゴーヤーソフトクリーム。他では食べられないこの味。ぜひご堪能ください。その他ゴーヤ味のちんすこうなど個性的なアイテムもあるのでお土産選びにも、ぜひ。営業時間がほかの施設よりも早いので、近くにあるフルーツランドやパイナップルパークの前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
基本情報
名称:ゴーヤーパーク
住所:沖縄県名護市中山894-9
営業時間:
(4-10月) 8:30-18:00、(11-3月) 8:30-17:30
詳細URL: http://goyapark.com/park/

10位

森のガラス館

沖縄の名産品である琉球ガラスを堪能できるこの施設。キラキラと輝く色鮮やかな美しい琉球ガラスを本場で手に入れることが出来ます。また、様々な琉球ガラス体験が出来るのがこの施設の魅力です。デコボコグラス、手作りアクセサリー、手作りフォトフレーム、手作りジェルキャンドル、手作り万華鏡体験、ガラス彫刻体験…などなど、充実した体験ラインナップ!事前予約が必要なものが多いので、問い合わせてからの来館をおすすめします。楽しい旅の思い出の一品を作ってみてはいかがでしょうか。
基本情報
名称:森のガラス館
住所:沖縄県名護市為又478
交通手段:沖縄自動車道「許田IC」より車で約10分
営業時間:9:00-18:00
定休日:年中無休
電話番号: 0980-54-2121
詳細URL:http://morinogarasukan.shop-pro.jp/

11

キジムナー工房

こちらの工房では、沖縄の伝統工芸紅型染めの体験や、ここでしか手に入れることの出来ない可愛らしいデザインが特長の小物が楽しめます。Tシャツやバッグなど日常使える物に染付けが出来る紅型体験ができるのが、うれしいですよね。今ではたくさんの人に愛されている紅型ですが、もともとは球王国時代、王族や貴族が身につける衣装に使われていた特別なもので、その起源は13世紀ごろまでさかのぼるのだそうです。そんな歴史に思いをはせながら紅型染めを体験してみては?沖縄の歴史と文化を体感できる素敵なスポットです。
基本情報
名称:キジムナー工房
住所:沖縄県名護市宇茂佐178
交通手段:名護市役所より車で5分
営業時間:10:00-17:00(10月-6月上旬)
 10:00-18:00(6月中旬-9月)
定休日:不定休
電話番号:0980-54-0701
詳細URL:http://kijimuna.info/

12

琉球窯

沖縄の家の守り神・魔除けになる「シーサー」。このシーサーを隅から隅まで堪能できる学んで、作って、お買い物できる、シーサーの専門店です。シーサーは沖縄で作られたもののみを取り扱い、海外輸入の安価なお品は一切置いていません。もちろん体験プランも充実しています。予約不要の体験プランもありますが、事前予約をおすすめします。シーサー作りだけでなく、電動ろくろ体験や泡盛壺を作ることも可能です。これなら、大人も子供も楽しめちゃいますね。
基本情報
名称:シーサーパーク 琉球窯
住所:沖縄県名護市為又479-5
営業時間:10:00-18:00(最終受付18:00)
定休日:年中無休
電話番号:0980-43-8660
詳細URL:http://taiken-jp.net/ryukyu/

13

オリオンハッピーパーク

沖縄といえば、オリオンビール。そんな、おいしいオリオンビールが作られる工場見学が出来るんです。もちろん、見学のあとのビールの試飲のお楽しみもお忘れなく。このほか、出来たてのビールと地元の食材を用いた当店自慢の料理を堪能できるビール園や、昭和40年代の「まちやぐぁ」を再現しオリオンビールの歴史展示をするギャラリー、オリオンオリジナルグッズをはじめ、各種お土産品あるショップなど、見どころが盛りだくさんです。余すところなく工場見学を楽しみましょう!
基本情報
名称:オリオンハッピーパーク
住所:沖縄県名護市東江2-2-1
交通手段:沖縄自動車道許田インターを降り、58号線を北へ約10分
電話番号:
0980-54-4103
詳細URL:http://www.orionbeer.co.jp/happypark/index.html

14

ヘリオス酒造

1961年に創業したこちらのヘリオス酒造は、もともとは「さとうきび」から「ラム」を製造する太陽醸造というラム酒の会社でした。ヘリオス酒造の主力商品は泡盛である「くら」はその経験を生かして、泡盛を樽に入れて熟成させてできた傑作です。そんなヘリオス酒造では、事前予約すれば施設見学が出来ます。製造工場、貯蔵庫などの見学ができます。古酒蔵ショップでは、泡盛の試飲コーナーが可能。熟成された泡盛はウイスキーのようなうまみがありますから、お土産にもおすすめですよ。

基本情報
名称:ヘリオス酒造
住所:沖縄県名護市字許田405
営業時間:
10:30/13:30/15:00/16:30(工場見学ツアー開始時間)
定休日:水曜日
電話番号:0980-52-3372
詳細URL:http://www.helios-syuzo.co.jp/

15

OKINAWAフルーツらんど

こちらのテーマパークでは物語の主人公となって絵本の世界を楽しむことが出来ます。沖縄フルーツらんどで体験できる物語、その名も「トロピカル王国物語」。トロピカル王国の王様が、いなくなったところから物語は始まります。たくさんのフルーツ、魔法、様々な秘密に囲まれた楽しいこちらのテーマパークは、お子様連れに大人気。沖縄ならではのトロピカルフルーツをふんだんに使用したスイーツが楽しめるカフェもあります。カラフルな鳥たちと触れ合えるBIRDZONEは美しい鳥たちに囲まれる大人も楽しめる素敵な場所になっていますよ。
基本情報
名称:OKINAWAフルーツらんど
住所:沖縄県名護市字為又1220-71  
交通手段:名護方面行きの一般路線バス「120番」「20番」に乗り、名護バスターミナルで乗り換え。
営業時間:9:00-18:00(最終入園受付時間17:45)
定休日:年中無休
電話番号:0980-52-1568
詳細URL:http://www.okinawa-fruitsland.com/index.php
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-21 13:48:34.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: