デートにも使える?ちょっと渋いって?王子のスポット15選

pixta ロゴ

デートにも使える?ちょっと渋いって?王子のスポット15選

北区の王子でデート!王子ってどこ?マイナーであんまりイメージ沸かない……?でも実は、楽しいスポットが盛り沢山。歴史散策、パワースポットにお花見、渋好みの居酒屋に、可愛いキツネとタヌキもいます!のんびりお散歩デートにぜひどうぞ♡
[更新日:

1位

江戸時代からの観光名所【飛鳥山】

八代将軍 徳川吉宗が江戸庶民の行楽のために桜を植えさせた飛鳥山。江戸時代には一大観光地として大変にぎわいました。
現在でも、桜の季節にはたくさんの花見客が訪れます。約650本の桜はまさに圧巻!
園内にはSLや路面電車が展示されていたり、シンデレラ城のような滑り台があったり、お子さんも楽しめそう。

他にも、飛鳥山には紙の博物館、北区飛鳥山資料館、渋沢史料館と3つの博物館があります。博物館でのんびりデート、ちょっと知的で素敵ですよね。
飛鳥山にはアスカルゴで!?
アスカルゴとは、飛鳥山の下から山頂までを登るスロープカーの事です。
変な名前?これは、カタツムリのような外観と、飛鳥山のアスカをかけている言葉なんですね。カタツムリのように、ゆっくりゆっくりと約2分かけて飛鳥山を登っていきます。しかも運賃無料!
のんびりとしたその歩みに、ちょっとした小旅行気分が味わえること請け合いです。
基本情報
住所:東京都北区王子1-1-3
設備・遊具:博物館、庭園、野外ステージ、児童公園、噴水など
アスカルゴ運転時間:10:00 〜 16:00(悪天候の場合は運転休止の場合あり)

2位

都内唯一の路面電車【都電荒川線】

飛鳥山へは、ぜひ都内唯一の路面電車である都電荒川線にのって出かけてみませんか?
運賃は全線170円均一(ICカードは165円)で、始発から終点まで乗ることができます。都電の飛鳥山駅で降りればすぐ!
また、都電荒川線の飛鳥山駅付近は飛鳥山にぶつかる都電が大きくカーブを切るポイントであり、飛鳥山を背景にカーブを切る都電をカメラに収めようと、鉄道ファンが多く集まる撮影スポットになっています。

3位

侮れないお持ち帰り【寿司屋のやすけ】

王子駅降りてすぐ、サンスクエアの近くに寿司屋のやすけはあります。
ここの名物は何と言っても手巻き寿司!その種類の多さにはきっとあなたも圧倒されるはず!?
うに手巻、ネギトロ手巻、たまご手巻、納豆手巻、他にもあなきゅう巻、うなきゅう巻などなど……ついついたくさん買ってしまいそう。
ここで手巻き寿司を買って、飛鳥山でピクニックなんていうのも楽しそうですね。
基本情報
住所:東京都北区王子1-5-11
TEL:03-3914-9511
営業時間:9:00〜
予算:〜999円

4位

展望ロビーからの眺めは最高!【北とぴあ】

北とぴあ とは、王子駅前にある北区の施設です。
音楽ホールや会議室、レストランなどが入った17階建のビル、ここでオススメの立ち寄りスポットは、最上階にある展望ロビーでしょう。この展望ロビー、実はとっても有名なんです。

その理由は……眼下に飛鳥山、王子駅とそこから伸びるJRの線路が見えるのですが、圧巻なのはその路線の数!東北新幹線、京浜東北線、宇都宮・埼京線、さらには貨物列車や都電荒川線までも。これだけ色々な種類の電車を上から眺められる場所はそうそう無いようで、鉄道ファン垂涎の場所になっているそうです。
電車好きのお子さんも楽しめるスポットだと思います。
基本情報
住所:東京都北区王子1-11-1
TEL:03-5390-1100
開館時間:8:30~22:00

5位

まるでジャングルのような……【名主の滝公園】

名主の滝公園は、江戸時代に王子の名主 畑野家が造り、庶民に避暑のために解放した庭園が元になっています。この辺りは、京浜東北線を境に20メートルくらいの高低差があり、その崖から湧き出る湧き水が豊富な場所だったようです。
都内とは思えないような鬱蒼とした森の中に、崖地を利用して大小4つの滝が配置されています。森林浴をしながら滝からマイナスイオンを浴びて、身も心も清々しい気分になるのでは。
基本情報
住所:東京都北区岸町1-15-25
TEL:03-3908-3566
開館時間:9:30~17:00

6位

関東稲荷の総司【王子稲荷神社】

王子稲荷神社は1000年以上もの歴史を持つ大変古いお稲荷さんです。その古さから、関東稲荷の総司として、江戸庶民から篤い信仰を集めました。「王子の狐」という落語でも有名ですね。最近ではその神秘的な雰囲気から、パワースポットとして注目を集めています。

境内には、「狐の穴跡」と呼ばれる洞穴が残っていてお参りすることができます。名主の滝のところでもお話ししたように、この辺りは崖地となっているので、その崖の洞穴にかつて神様の使いとされた狐がたくさん住んでいたのでしょう。
毎年2月の初午の日には、盛大なお祭りが開かれます。
基本情報
住所:東京都北区岸町1-12-26
TEL:03-3902-3032

7位

大晦日に狐の行列があります【王子装束稲荷】

王子にはもうひとつ狐に関係する神社があります。それがこちら、王子装束稲荷です。
装束というのは衣装のこと。この珍しい神社の名前には、こんな伝説があるんです。
毎年大晦日の夜になると、関東一円の狐たちが王子稲荷近くの榎の木の下に集まり、ここで装束(衣装)を整えてから王子稲荷へ初詣に行く、 というものです。なんだか幻想的でおとぎ話みたいですね。
王子装束稲荷は、その狐が集まる榎の木のところに建てられた神社です。
今でも毎年大晦日の夜、狐の扮装をした氏子さんたちが王子稲荷へ初詣に向かう「王子 狐の行列」が行われています。大晦日の夜のデートに、ぜひ訪れてみませんか?
基本情報
住所:東京都北区王子2-30-14

8位

【和菓子 狸家】で、可愛いタヌキの最中!

王子稲荷、王子装束稲荷と紹介し、王子ってキツネで有名な場所なんだなぁと思われたと思います。でもびっくり、キツネだけじゃないんです。

こちらの和菓子屋さん「狸家」では、キツネならぬタヌキの形をした最中があるんです!なんとも言えない丸っこい体、握りしめた手。可愛いですね。
このタヌキ最中、注文するとその場で餡を詰めてくれるので、出来立てサクサク、餡もちょうどよい甘さでとても美味しいんです。可愛い形で、お土産にも喜ばれそうですね。
基本情報
住所:東京都北区王子本町1-23-1
TEL:03-3908-3004
予算:〜999円

9位

渋い、安い、ウマい!【山田屋】

江戸時代から庶民の観光地として栄えた王子、もちろん現在でも庶民の味方な大衆酒場が現役で残っています!
紹介するのはこちら「山田屋」さん。なんと午前7時30分から開店していて、朝から飲めちゃいます。渋い外観と同様、店内も渋い!天井の高い広いフロアに長テーブルがたくさん並んだ、古き良き大衆酒場の雰囲気を残しています。

料理も安い、ウマい!人気メニューのハムカツは170円、半熟卵250円などです。日本酒も1合250円。1,000円で充分楽しめるのではないでしょうか。いわゆる「センベロ」というやつですね!
基本情報
住所:東京都北区王子1-19-6
TEL:03-3911-2652
予算:〜999円

10位

甘〜い!【扇屋の玉子焼き】

落語「王子の狐」の中に、料亭 扇屋というお店が出てきます。この1648年創業の老舗、実はまだ現役で営業してるんです!
料亭はないのですが、創業当時から受け継がれた一子相伝の味である甘〜い玉子焼きの店頭販売をしています。厚焼き玉子1/2サイズが650円、1折1,300円、また窯焼きのまん丸い玉子焼きは予約制で買うことができます。
基本情報
住所:東京都北区岸町1-1-7 新扇屋ビル1F
TEL:03-3907-2567
営業時間:11:00~19:00
定休日:不定休
予算:〜999円

11

小川を感じながらのんびりお散歩【音無川親水公園】

高架の王子駅すぐ下を流れる音無川は、石神井川からの水を三ノ輪の方へ流す用水として作られました。王子駅付近は親水公園として解放されており、日本の都市公園100選にも選ばれています。

春は両岸に植えられた桜が見事に咲き誇り、絶好のお花見スポットとなっています。夜間のライトアップもとても綺麗で見応えがあります。また秋には鮮やかな紅葉を楽しむこともできます。

でも何と言っても音無親水公園が賑わうのは夏!公園のせせらぎで水遊びが出来ます。橋や風車、岩などが配置されて渓谷や避暑地のような雰囲気があり、駅前だということを忘れてしまいそうな体験ができると思います。小さなお子さんはぜひ水着でバシャバシャ楽しんでくださいね。
基本情報
住所:東京都北区本町1
TEL:03-3908-9275
営業時間:11:00~19:00

12

おでんで一杯!【平澤かまぼこ】

音無親水公園からすぐ、駅前の小道には、かまぼこの老舗「平澤かまぼこ 王子駅前店」があります。
毎日築地から仕入れた魚で作られた自家製の練り物はまさに絶品!自家製なので、普通のおでん屋さんではお目にかかれないような珍しいタネも多いんです。しそ揚げ、魚すじ、源氏巻なんていうメニューもあって目移りしちゃいます。しかも安い!

ここはカウンターのみの立ち飲みで10人ほど入ったらもう一杯。でも皆さん譲り合って楽しく飲んでいて、とても雰囲気の良いお店です。
王子のある北区には、23区唯一の酒蔵があり、そこの地酒「丸眞政宗」が飲めるのもポイントが高いと思います。

デートの途中にサクッと一杯!いかがですか?
基本情報
住所:東京都北区岸町1-1-10 NUビル 1F
TEL:03-5924-3773
営業時間:10:00~22:00(L.O)
定休日:祝日(8月のみ日曜定休)
予算:1,000円~1,999円

13

ホッとする居酒屋【やまに】

古くからの繁華街、王子には珠玉の居酒屋さんが沢山あります。「やまに」もそのひとつ。

チャキチャキとした女将さんが働く、お刺身などのおつまみから家庭料理まで何でも美味しい老舗です。その雰囲気の良さと美味しい料理で、いつも常連の方や近くのサラリーマンで賑わっています。個人的なオススメはオムライスです!懐かしい味で、締めにピッタリだと思います。
他には、どじょうの丸煮なんてメニューもあったり。そこら辺がちょっと老舗ぽいところですね!
基本情報
住所:東京都北区王子2-23-1
TEL:03-3911-4950
営業時間:11:30~13:00(ランチ) 17:00~23:00(夜)
定休日:不定休
予算:1,000円~1,999円

14

生ホッピーが飲める!【宝泉】

王子の有名店をもうひとつ紹介します。王子駅から徒歩4分ほどにある「宝泉」です。
広い店内にはコの字型の大きなカウンターがドーンと置かれており、他のテーブル席などはありません。カウンターの年季が入った木の質感が素敵です。中では女将さんが大きなおでん鍋をかき混ぜていて、これぞ古き良き大衆酒場!という雰囲気が溢れています。

宝泉では、生ホッピーを注文しましょう。ホッピーが生で飲めるなんて珍しいですよね!でもちょっと注意。この生ホッピーはびっくりするほど濃いです…。3杯分はあるんじゃないでしょうか。これ1杯でも充分酔っぱらえるような気がします。

食べ物もたくさん。壁一面に貼られた短冊メニューが圧巻です。
おつまみのオススメは、看板メニューのおでん、それからねぎ焼き、チーズ揚げ(形が独特。頼めばオススメの訳がわかります!)、サンマ味噌カツなどです。柔らかいあたりめ「やわりめ」という名物メニューもお忘れなく!
しかもどれも昭和値段?なのかとっても安いです。さすが王子を代表する名店だと思います。
基本情報
住所:東京都北区王子1-19-10-102
TEL:03-3914-2726
営業時間:平日 17:00〜23:00 土曜日  17:00〜22:00
定休日:日曜・祝日
予算:1,000円~1,999円

15

【王子と浮世絵】

あまり知らなかった王子の観光スポット、渋いけれど、どこも歴史のある素敵な場所ばかりでしたよね。これまで紹介したスポット、実は有名な浮世絵になっているところが多いのです。
勝川春潮 −飛鳥山花見−
歌川広重 - 名所江戸百景 -
歌川広重は名所江戸百景のなかで「王子稲荷乃社」、「王子装束ゑの木大晦日の狐火」、「王子音無川堰棣 世俗大瀧ト唱」という王子を描いた作品を残しています。
広重名所江戸百景 [ 安藤広重 ]

楽天

広重名所江戸百景 [ 安藤広重 ]
いかがでしたか?
とても歴史ある場所で、江戸の昔から庶民に愛された観光地だったということがお分かり頂けると思います。これらの浮世絵に描かれたスポットを訪ねて歩く、なんてデートプランも良いかもしれません。ぜひ、実際に王子を訪れて、比べてみて下さい。
面白い、新たな発見があると思います!
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-23 11:10:28.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: