下町の風情漂う東京・門前仲町周辺のおすすめ人気観光スポット15選

pixta ロゴ

下町の風情漂う東京・門前仲町周辺のおすすめ人気観光スポット15選

東京江東区にある門前仲町は、江戸時代から商店で栄えてきた下町風情漂う街です。石原さとみさんのCMで話題となったグルメや、江戸三大祭で有名な神社など、見どころたっぷりの門前仲町でおすすめの人気観光スポットをご紹介します。
[更新日:

1位

富岡八幡宮

富岡八幡宮は寛永4年(1627)年に創建され「深川の八幡さま」として親しまれてきた東京門前仲町エリアの氏神神社です。源氏の氏神である八幡宮は江戸時代には徳川将軍家が度々参拝に訪れ手厚く保護されていたんだそうです。境内には商売繁盛の神様・恵比寿さまが祀られていて深川七福神巡りの始点としてお正月は特に賑わいます。江戸三大祭の一つが催される場でもあり、深川にまつわる多くの石碑が残るおすすめ人気観光スポットです。
基本情報
名称:富岡八幡宮
住所:東京都江東区富岡1-20-3
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
電話番号:03-3642-1315
詳細URL:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

2位

深川不動尊

深川不動堂は千葉県成田市の大本山成田山新勝寺の東京別院として「深川のお不動様」と呼ばれ、江戸時代から信仰を集めてきた人気観光スポットです。本堂の外壁には梵字(不動明王真言)が散りばめられていて見応えがあります。最近は東京のパワースポットの一つとしても人気を集めています。煩悩を清らかな願いへと高めて成就させると言われる護摩祈祷も行われているので、ぜひ体験してみましょう。写経や写仏も人気の体験修行でおすすめです。
基本情報
名称:深川不動堂
住所:東京都江東区富岡1-17-13
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩2分
電話番号:03-3641-8288
詳細URL:http://fukagawafudou.gr.jp/index.html

3位

人情深川ご利益通り

地下鉄門前仲町駅を出てすぐの永代通りから深川不動堂へと続く150mの参道は「人情深川ご利益通り」と呼ばれ、昔ながらの甘味処や食堂、土産物屋などが並ぶ活気溢れる小路で人気観光スポットとなっています。毎月1・15・28日には縁日が開かれ、東京下町のお祭りの雰囲気を気軽に体験することができるのでおすすめです。この通りには門前仲町名物の料理が楽しめるお店も集中しているので、グルメも楽しみながらゆっくり散策したいですね。
基本情報
名称:人情深川ご利益通り
住所:東京都江東区富岡1丁目周辺
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車すぐ
営業時間:店舗により異なる
詳細URL:http://www.mayekawa.org/fukagawa/about_fudouson.html

4位

日本一の黄金神輿

門前仲町まで行ったら、ぜひ見ておきたいのが富岡八幡宮の日本一の黄金神輿です。高さ4.4メートル重さ4.5トンの大神輿は1991年に奉納されたもので、神輿の最上部の鳳凰や中段の狛犬の目にダイヤが、その周りにはルビー、プラチナ、銀などの豪華な宝石が装飾されています。実はこの神輿、あまりにも大きすぎて担ぐことができないため、実際にお祭りで担ぐ際には二の宮神輿が使われているんだそう。境内に飾られているので、いつでもガラス越しに見ることができますよ。
基本情報
名称:日本一の黄金神輿
住所:東京都江東区富岡1-20-3
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
閲覧時間:9:00~17:00(月次祭当日 ~20:00)
電話番号:03-3642-1315
詳細URL:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih2.html

5位

横綱力士碑

人気観光スポットの富岡八幡宮境内にある横綱力士碑は、江戸勧進相撲発祥の地である相撲の聖地に明治33年に建てられた記念碑です。記念碑には歴代横綱の名が刻まれているので、相撲ファンならぜひ訪れたいスポットです。新横綱誕生時には相撲協会立会いのもと刻名式と新横綱の土俵入りが奉納されるので、訪れるタイミングが合えばぜひおすすめしたい一大イベントです。同じ境内には大関力士碑も建立されているので、こちらもお見逃しなく!
基本情報
名称:横綱力士碑
住所:東京都江東区富岡1-20-3
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
電話番号:03-3642-1315
詳細URL:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/sumou.html

6位

深川東京モダン館

深川東京モダン館は昭和7年に建築された東京市深川食堂を改修した建物で、国登録有形文化財建造物に登録されています。現在は東京都江東区の観光案内所や文化発信スペースとして使用されていて、門前仲町の人気観光スポットを訪れる前に一度立ち寄っておきたい場所です。不定期ですが落語寄席や昭和初期のレシピが味わえる深川モダン食堂など様々なイベントが行われるので、HPで確認して参加してみるのもおすすめです。
基本情報
名称:深川東京モダン館
住所:東京都江東区門前仲町1-19-15
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
営業時間:10:00~18:00(金・土曜日 ~19:00)
定休日:月曜日
電話番号:03-5639-1776
詳細URL:http://www.fukagawatokyo.com/index.html

7位

冬木弁天堂

地下鉄門前中町駅から10分程の場所にある冬木弁天堂は、深川七福神の一つに数えられる弁財天が祀られているお寺です。もともとは木場の材木豪商・冬木五郎右衛門直次が承応3年(1654)に江州竹生島(滋賀県)の弁財天の分霊を日本橋茅場町(中央区)の邸内にまつり、宝永2年(1705)にその孫弥平次がこの地に移したと伝えられています。お正月には深川七福神巡りで沢山の参拝者が訪れる人気観光スポットの一つです。
基本情報
名称:冬木弁天堂
住所:東京都江東区冬木22-31
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩10分
電話番号:03-3641-9051
詳細URL:http://www.fukagawa7.net/benzai.html

8位

深川宿

富岡八幡宮の境内にある深川宿は、門前仲町周辺の名物料理・深川めしの名店です。深川めしが食べられるお店は他にもありますが、やはり老舗店がおすすめです。日本五大銘飯の一つに数えられる深川めしは、江戸時代漁師町だった深川地区で生まれた東京の郷土料理です。深川宿では江戸前のアサリを使った味噌汁をご飯にかけたぶっかけご飯と炊き込みご飯の二種類がいただけます。今ではTVCMでも話題となり、行列ができる程の人気観光スポットとなっています。
基本情報
名称:深川宿
住所:東京都江東区富岡1-23-11 富岡八幡宮境内
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
営業時間:昼 11:00~15:00/夜 17:00~21:00(日曜日・祭日 11:00~17:00)
定休日:月曜日
電話番号:03-5646-8678
詳細URL:http://www.fukagawajuku.com/access_hachiman.html

9位

其角せんべい

其角せんべい(きかくせんべい)は、門前仲町の人気観光スポット・深川不動堂の参道で60年以上続く老舗店です。看板商品は日本一固いと評判の「げんこつ」ですが、最近は門前仲町の新しい名物となっている「究極のぬれせん・ぬれ深川」が人気です。お店で焼き立てのせんべいを醤油に丸ごと漬け込んで作るんだそう。ぬれせんべいはあちこちで見かけますが、ぜひ一味違う老舗のぬれせんべいを味わってみてはいかがでしょう。
基本情報
名称:其角せんべい
住所:東京都江東区富岡1-14-7
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩2分
営業時間:9:00~21:00
電話番号:03-3641-6462
詳細URL:http://www.kikaku-sembei.co.jp/

10位

清澄庭園

門前仲町のある深川のお隣・清澄にある清澄庭園は泉水・築山・枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」で、美しい日本庭園を散策できる人気観光スポットです。もとは江戸時代の豪商・紀伊国屋文左衛門屋敷跡だったと言われていますが、明治に入り三菱財閥の創始者・岩崎彌太郎が造園を開始し明示を代表する庭園に生まれ変わったそうです。春には東京の桜の名所としても知られていて、お花見におすすめのスポットです。
基本情報
名称:清澄庭園
住所:東京都江東区清澄3-3-9
交通手段:都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線清澄白河駅下車 徒歩3分
 営業時間:9:00~17:00
電話番号:03-3641-5892
詳細URL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

11

門前茶屋

門前仲町で名物・深川めしを食べるなら、深川宿と並んでおすすめしたいのが深川不動堂の参道入口前にある門前茶屋です。こちらの名物は、炊き込みご飯から進化した「深川あさり蒸籠飯」です。蒸籠蒸しならではのふっくらした仕上がりが堪りません。ランチは980円というお手頃価格で楽しめます。同じく人気の穴子蒸籠飯もあさり蒸籠飯と同じ料金なので、どちらも捨てがたいですね。他とは一味違う深川めしを食べたいならおすすめのお店です。
基本情報
名称:門前茶屋
住所:東京都江東区富岡1-5-1
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩1分
営業時間:昼 11:30~14:00/夜 17:00~23:00
          土・日・祝 昼 11:30~14:30/17:00~22:30
電話番号:03-3641-0660
詳細URL:http://r.gnavi.co.jp/g075101/

12

明治丸

東京都江東区の東京海洋大学内にある明治丸は、明治政府がイギリスに発注し明治7年に竣工した鉄船で、現存する日本最古の帆船として国の重要文化財に指定されています。船内には特別室やサロンを備えた豪華な仕様で、明治天皇が東北・北海道巡幸の際には御召し船としても使用されました。大学キャンパス内にありますが、一般公開されているので見学もできるんです。門前仲町からも歩いて来れる距離なので、他の人気観光スポットと合わせて訪れてみてはいかがでしょう。
基本情報
名称:明治丸
住所:東京都江東区越中島2-1-6(東京海洋大学越中島キャンパス内)
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩10分
営業時間:4月~9月 10:00~16:00/10月~翌3月 10:00~15:00
定休日:日・祝日 第2/第4土曜日
電話番号:03-5245-7319(東京海洋大学)
詳細URL:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/facilities/meijimaru.html

13

辰巳新道

門前仲町駅から徒歩1分程の場所にある辰巳新道(たつみしんどう)は、石原さとみさんのCMにも登場して話題となった東京の下町風情漂う人気観光スポットです。間口9尺、50mほどの路地に32軒もの飲食店が並ぶ飲み屋横丁で、立ち飲み居酒屋からバルまで揃うお酒好きにはもってこいの路地です。実は昭和の闇市を起源とするかなり歴史のある地域なんです。初めての方はちょっと勇気がいるかもしれませんが、思い切って目に留まったお店に挑戦してみるのもおすすめです。
基本情報
名称:辰巳新道
住所:東京都江東区門前仲町2丁目付近
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩1分
営業時間:店舗により異なる
詳細URL:http://www.tatumisindou.jp/downtown/enjoy_oneself.html

14

永代橋

永代橋は深川と日本橋を結ぶ橋として元禄11年(1698)に隅田川に架けられた橋です。現在の橋は1926年に架けられたもので、ドイツのライン川に架かっていたルーデンドルフ鉄道橋をモデルに建設されました。今では夕刻から22時まで青白くライトアップされ、東京下町の夜景スポットとして人気観光スポットにもなっています。門前仲町を散策した後、最後に立ち寄りたいおすすめのデートスポットです。
基本情報
名称:永代橋
住所:江東区永代~中央区新川
交通手段:営団地下鉄東西線茅場町駅下車 徒歩10分
詳細URL:http://www.fukagawa-kanko.com/midokoro/eitaibashi.htm

15

大横川の桜並木

門前仲町のすぐ傍を流れる大横川は春には河畔を覆いつくす桜並木で有名です。桜が満開の季節には「お江戸深川さくらまつり」が開催され、川沿いの桜を船上から楽しめるお花見船も運行されます。お祭りの間は深川名物の屋台なども出るので、桜を眺めながらグルメも楽しめちゃいます。東京屈指の桜の名所はお昼も素敵ですが、夜になると提灯とともに桜がライトアップされるので風情たっぷりでおすすめですよ。
基本情報
名称:大横川の桜並木
住所:東京都江東区牡丹1丁目付近
交通手段:営団地下鉄東西線門前仲町駅下車 徒歩3分
例年の見頃:3月下旬~4月上旬
電話番号:03-3643-0114(深川観光協会)
詳細URL:http://www.mon-naka.com/sakura/

まとめ

いかがでしたか?門前仲町は、東京の下町情緒溢れる素敵な街ですね。今回ご紹介したおすすめ人気観光スポットを参考に、下町散策を楽しんでくださいね。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-14 10:35:23.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: