【群馬県】安中・妙義のおすすめ人気観光スポット15選

pixta ロゴ

【群馬県】安中・妙義のおすすめ人気観光スポット15選

群馬県の安中・妙義地域は、碓氷峠のめがね橋をはじめ歴史的価値のある建造物や、鉄道ファン大満足の場所が多くあります。日本三大奇勝である妙義山では神社にお参りし、奇岩に驚くことでしょう。そんな安中・妙義地域を堪能する、おすすめ観光スポットを紹介します。
[更新日:

1位

碓氷第三橋梁(めがね橋)

国の重要文化財に指定されている、通称「めがね橋」です。
美しいレンガのアーチ橋であり、川底からの高さが31m日本最大の大きさを誇ります。
碓氷峠(うすいとうげ)鉄道施設として、明治25年に完成した橋であり歴史的建造物としてもとても価値があります。
紅葉の時期がおすすめで、赤く染まった木々と芸術的な赤い橋のコラボレーションがとても美しい景観を作り出しています。
基本情報
名称:碓氷第三橋梁(めがね橋)
住所:群馬県安中市松井田町坂本地内
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で25分 / JR信越本線 横川駅から車で15分
電話番号:027-385-6555(安中市観光協会)
詳細URL:http://www.annaka-city.com/history/01.htm

2位

碓氷峠鉄道文化むら

鉄道ファンにはたまらない「碓氷峠鉄道文化むら」です。
かつて碓氷峠を走っていた鉄道「旧碓氷線」は、日本で初めてアプト式鉄道の導入をしたことなどから、鉄道の歴史にとってとても重要な場所です。
30車以上の車両が展示されており、EF63形電気機関車と189系特急あさま号のシミュレーターがあります。
そしてなんと、一日講習を受講するとEF63形電気機関車を実際に運転することができちゃいます!
鉄道ファンの人もそうでない人も、一度は行ってみて欲しいおすすめ観光スポットです。
基本情報
名称:碓氷峠鉄道文化むら
住所:群馬県安中市松井田町横川407-16
交通手段:JR信越本線横川駅すぐ / 上信越自動車道 松井田妙義ICから車で10分
営業時間:[3月~10月]09:00-17:00 [11月-2月]09:00-:16:00
休園日: 火曜日(祝日の場合翌日・8月を除く)・年末年始
電話番号:027-380-4163
入園料:中学生以上500円 小学生300円 小学生未満無料
詳細URL:http://www.usuitouge.com/bunkamura/

3位

アプトの道

「アプトの道」は、横川駅から熊ノ平駅までのアプト式鉄道時代の廃線敷を利用した遊歩道です。
国の重要文化財である旧丸山変電所やめがね橋など、碓氷峠鉄道遺産に触れることができ、10のトンネルを通り抜けることができます。
暗いトンネルを抜けた先にある、太陽に照らされた大自然は普段より一層輝いてその目に映ります。
春の深緑や秋の紅葉など、美しい大自然をその身いっぱいに感じながら、歴史にも触れられるそんな素敵な道をぜひ歩いてください。
基本情報
名称:アプトの道
住所:群馬県安中市松井田町横川・坂本地内
交通手段:JR信越本線 横川駅から徒歩3分 / 上越自動車道 松井田妙義ICから車で7分
電話番号:027-385-6555(安中市観光協会)
詳細URL:http://www.annaka-city.com/history/01.htm

4位

妙義神社

妙義山の麓に鎮座する「妙義神社」です。
本殿・幣殿(へいでん)・拝殿は代表的な権現造りであり、黒漆塗りの豪華絢爛なさまには圧倒されます。
鮮やかな色で繊細な彫刻が随所に施されており、狛犬や鶴、上り龍に下り龍と思わずじっくりと眺めてしまうほど優美な美しさがあります。
本殿含め唐門や総門などの多くが、国の重要文化財に指定されています。
春にはしだれ桜、秋には紅葉の名所としても有名ですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
基本情報
名称:妙義神社
住所:群馬県富岡市妙義町妙義6
交通手段:JR信越線 松井田駅から車で5分 / 上信越自動車道 松井田妙義ICから車で5分
開館時間:宝物殿・御殿 09:00-17:00
電話番号:
0274-73-2119
入館料: 宝物殿・御殿 中学生以上200円 小学生100円
詳細URL:http://www.myougi.jp/index.html

5位

中之嶽神社

「中之嶽神社(なかのたけじんじゃ)」には、日本一大きなだいこく様がいらっしゃいます。
高さ20m、重さ8.5tと遠くからでもその姿は木々の間に見ることができます。
だいこく様といえば持っているのは「小槌」ですが、こちらのだいこく様は「剣」を持っており、病や厄、悪行を払い福を招くと言い伝えられています。
年に6回「甲子祭(きのえねさい)」が斎行されており、だいこく様のご利益を頂き運気が高まる日ですので、ぜひお参りに行ってみてはいかがでしょうか。
基本情報
名称:中之嶽神社
住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字上小坂1248
交通手段:JR信越線 松井田駅から車で25分 / 上信越自動車道 松井田妙義ICから車で15分
電話番号:0274-82-5671 
詳細URL:http://www.nakanotake.com/

6位

妙義山

日本三大奇勝のひとつである「妙義山」です。
妙義山は複数の山をひとつにまとめた呼び方であり、特に奇岩が多く見られるのは金洞山、別名「中之獄」です。
絶壁や岩肌、岩峰が聳える景観はまさに奇勝ではありますが、非常に急峻で複雑な地形になっており、鎖場などもあることから初心者には難しい登山コースです。
比較的楽に行けるのが「石門めぐり」コースで、運動靴で登ることができますが、危険がないわけではないので十分注意してくださいね。
登りきった時の達成感と、ぎょっと驚くような奇岩を見たい方はぜひ挑戦してください。
基本情報
名称:妙義山
住所:群馬県富岡市妙義町妙義
交通手段:JR信越線 松井田駅から車で10分で登山口
電話番号:0274-82-2111(下仁田町観光課)
詳細URL:
http://www.town.shimonita.lg.jp/m04/m01/m02/

7位

磯部温泉

「磯部温泉」は、誰もが知る温泉記号発祥の地です。
妙義山を展望できる碓氷川の清流沿いにあり、宿泊はもちろん、日帰り温泉施設や足湯を楽しむことができます。
日本昔話でお馴染みの、舌切雀伝説発祥の地ともされており「舌切雀のお宿」がありますよ。
日帰り温泉施設「恵みの湯」では、ミネラルを含んだ砂塩風呂が大人気。
鉱泉水を使用した「磯部せんべい」はお土産としても有名ですね、ぜひ買って帰ってください。
基本情報
名称:磯部温泉
住所:群馬県安中市磯部
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で15分 / JR磯部駅から徒歩5分
電話番号:
027-385-6555(安中市観光協会)
詳細URL:
http://www.annaka-city.com/onsen/

8位

霧積温泉 金湯館

霧積温泉 金湯館

楽天トラベル

霧積温泉 金湯館
霧積温泉は知る人ぞ知る秘境の温泉です。
かつては東京からの避暑地として人気の場所で何件もの温泉宿がありましたが、現在ではただ一軒「金湯館(きんとうかん)」のみが営業しています。
伊藤博文や与謝野晶子など名だたる著名人が訪れた温泉地に佇む、明治17年創業の老舗温泉宿です。
大自然に囲まれた宿であり、こちらを拠点にハイキングを楽しむこともできます。
自然の音のみが聞こえる静かな宿で、体の芯から温まってみてはいかがでしょうか。
基本情報
名称:霧積温泉 金湯館
住所:群馬県安中市松井田町坂本1928
交通手段:横川駅から金湯館駐車場まで車で30分、徒歩20分(送迎あり)
電話番号:027-395-3851
詳細URL:http://www.kirizumikintokan.com/

9位

新島襄旧宅

「新島襄旧宅」はNHK大河ドラマ「八重の桜」で、八重の夫である新島襄の旧宅です。
新島襄は江戸出身ですが21歳でアメリカへ渡り、帰国後にはこの場所で両親や妹に再会しました。
留学で学んだことを活かすため、日本での活動を始める出発点でもあるのです。
現在は、新島襄にまつわる遺品や資料、写真などが展示されています。
入館無料ですので、ふらりと立ち寄るにはいい場所ですね。
基本情報
名称:新島襄旧宅
住所:安中市安中1-7-30
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で25分
開館時間:09:00-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
電話番号:027-382-7622(学習の森)
入館料:無料
詳細URL:http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/niijima.html

10位

安中教会

「安中教会」は、明治11年(1878年)群馬県で初めて建てられた教会であり、日本で初めて日本人の手で建てられた教会堂でもあります。
大正8年(1919年)には、「新島襄記念会堂」が竣工し、有形文化財に登録されました。
現在もキリスト教会として使用されていますので、見学希望の方は事前に申し込みが必要です。
石造のロマネスク会堂は、日本建築史上でも非常に高く評価されている建築物です。
日本人の手によって建設され、日本人が広めたキリスト教をぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。
■ 基本情報
名称:
安中教会
住所:群馬県安中市安中3-19-10
交通手段:関越自動車道 高崎ICから車で40分 / JR信越線 安中駅から車で10分
見学受入日:火曜日〜土曜日(要予約) 
見学休止日:日曜日・月曜日・行事期間中 
電話番号:027-381-0680
詳細URL:http://www8.wind.ne.jp/a-church/index.html

11

海雲寺

招き猫の寺とも呼ばれる「海雲寺」です。
その昔、彦根の井伊直孝が雷雨にあった際、一匹の猫に招かれて雨宿りしたのが、東京の豪徳寺というお寺です。
海雲寺の住職が、豪徳寺で修行をし分身を招いて祀ったそうです。
全国でも数少ない招き猫のお寺、境内には招き猫が鎮座しており、参拝客を招いています。
狛犬ではなく招き猫が守っているお寺、商売繁盛・家内安全・交通安全に御利益がありますので、福を招いてもらいにお参りしてみてはどうでしょうか。
■ 基本情報
名称:
海雲寺
住所: 群馬県安中市郷原561
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で15分 / JR磯部駅から徒歩15分
電話番号:027-382-1111(安中市役所)
詳細URL:http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/kaiunji.html

12

道の駅みょうぎ物産センター

「道の駅みょうぎ物産センター」は、妙義山周辺の観光拠点です。
国の重要文化財「妙義神社」に参拝する際は、こちらに車を停め歩いてすぐになります。
妙義山周辺の観光案内所があり、ベテランのガイドさんがいますので観光始めに寄ってもいいですね。
地元産の新鮮な野菜をはじめ、妙義せんべいや下仁田ドレッシング、もみじ味噌など特産品が数多く販売されており、食堂では美味しいそばやうどんを頂くことができます。
基本情報
名称:道の駅みょうぎ物産センター
住所:群馬県富岡市妙義町岳322-7
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で5分
営業時間:09:00-17:00(季節により変動有)
定休日:第3月曜日(4月・5月・10月・11月は無休)
電話番号:0274-73-3991
詳細URL:http://www.myogi-bc.jp/

13

仙ヶ滝

「仙ヶ滝」、九十九川の上流にある落差15mの滝です。
名前の由来は、松井田城落城の際に城主の娘「お仙」が身を投じ、白蛇に変じた伝説からとったものだそうです。
仙ヶ滝は、裏見の滝でもあり、石仏が祀られる滝の裏側を見ることができます。
大自然に囲まれながら流れ落ちる一筋の白い筋、まるで世界に切り離されたかのような自然の息吹を感じに訪れてみてはいかがでしょうか。
おすすめは新緑と紅葉の時期ですね。
■ 基本情報
名称:
仙ヶ滝
住所:群馬県安中市松井田町滝下
交通手段:信越自動車道 松井田妙義ICから車で20分
電話番号:
027-385-6555(安中市観光協会)
詳細URL:
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/sengataki.html

14

碓氷関所跡

上毛かるたでも読まれる「碓氷関所跡」です。
江戸時代、中山道は重要な交通路であったためその出入りは厳しく監視されました。
特に「入鉄砲と出女」といわれる、武器の持ち込みと大名家族が出ていくことがないように見張られていたそうです。
関所資料館には関所や交通に関する資料が展示されていますが、管理人が不在のため予約してから行くことをおすすめします。
■ 基本情報
名称:
碓氷関所跡
住所:群馬県安中市松井田横川573
交通手段:上信越自動車道 松井田妙義ICから車で10分 / JR横川駅から徒歩5分
開館時間:関所資料館 09:00〜16:00(要予約)
定休日:関所資料館  土・日曜日・祭日・振替休日・年末年始
電話番号:027-382-7622(安中市教育委員会 学習の森)
詳細URL:http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/usui_sekisho.html

15

峠の湯

碓氷峠の麓にある日帰り温泉施設、「峠の湯」です。
露天風呂にサウナ、家族風呂などがあり裏妙義の山並みやアプトの道を見ながらゆっくり温泉を楽しむことができます。
効能は筋肉痛や疲労回復、健康増進などですのでハイキングの後に浸かりに来るのにピッタリですね。
食事処や休憩スペースも充実していますので、旅の疲れを癒すのにもってこいです。
■ 基本情報
名称:
峠の湯
住所:
群馬県安中市松井田町坂本1222
交通手段:
上信越自動車道 松井田妙義ICから車で10分 / JR横川駅から車で5分
営業時間:
10:00-21:00
定休日:第2・4火曜日(祝日の場合は翌日)
電話番号:027-380-4000
入館料:中学生以上600円 子供400円 4歳未満無料
詳細URL:http://www.usuitouge.com/tougenoyu/index.php

まとめ

群馬県安中市は、碓氷峠のめがね橋をはじめ歴史的価値のあるみどころがたくさんあります。
鉄道ファンにはたまらない場所であり、新島襄ゆかりの地でもあります。
妙義山では神社にお参りし、日本三大奇勝をその目にしてみてはいかがでしょうか。
疲れたなら温泉施設でゆっくり体を癒して帰ることができる、豊かな自然に囲まれたそんな観光場所です。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-24 16:33:01.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: