沖縄・小浜島の自然を満喫!定番&おすすめ観光スポット15選

pixta ロゴ

沖縄・小浜島の自然を満喫!定番&おすすめ観光スポット15選

沖縄の小浜島は、東シナ海に囲まれた八重山諸島に属する島の一つです。リゾート地が好きな方には人気の島だったのですが、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台となり全国区で有名になりました。サトウキビ畑など昔ながらの古き良き沖縄ののどかな風景を楽しめます。のんびりとした島の時間が流れる小浜島では、日頃の喧騒を忘れて「ゆっくり流れる時間」という贅沢を満喫できます。そんな小浜島でおすすめの観光スポットをご紹介します。
[更新日:

1位

海人(うみんちゅ)公園

海人(うみんちゅ)公園大きなマンタの展望台が目印の、細崎漁港の近くにある公園です。小浜島の周りの海ではマンタがよく見られるそうです。海に向かって開けている場所なので、展望台からは西表島方面の景色を眺められます。
滑り台などの遊具もありトイレもキレイに整備されているので、家族でお弁当を広げてピクニックなどを楽しむ憩いの場としても人気ですが、サイクリングの途中で休憩に立ち寄ってボーッと過ごす場所としてもおすすめです。
基本情報
名称:海人(うみんちゅ)公園
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
交通手段:小浜港から4km(車で10分、自転車で40分)
詳細URL:http://www.ishigakijimaumibe.com/ritou/kohama/umintyu/umintyu.htm
 

2位

シュガーロード

ドラマ「ちゅらさん」の撮影で使われたことですっかり有名な観光スポットとなったシュガーロードです。今では、小浜島と言えばこの風景が思い浮かぶという方も多いようです。
両側には名前の通りサトウキビ畑が広がり、遠く先には青い海が見えます。訪れるなら秋以降がオススメで、サトウキビが成長して小浜島らしい風景を楽しむことができます。きっと頭の中で思い描いている通りの風景が目の前に広がると思います。
シュガーロードは坂道が多く、奥行きのある景色なので写真撮影もおすすめです。
基本情報
名称:シュガーロード
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
交通手段:小浜港から車で5分、自転車で10分

3位

大岳(ウフダキ)

小浜島の真ん中にある大岳(ウフダキ)は、海抜99mの小浜島で唯一の山です。頂上の展望台からは360度見渡せ、目の前には石垣島・竹富島・西表島・鳩間島などが青い海に浮かんでいます。天気の良い日には遠く喜弥真島や波照間島まで望めるんです。ここからは八重山諸島の絶景を楽しむことができます。
また、眼下には小浜島のサトウキビ畑や広大な牧草地を眺められ、のどかな風景に心が洗われます。
基本情報
名称:大岳(ウフダキ)
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜 
交通手段:小浜港から登り口まで車で2分、自転車で7分
     登り口から頂上の展望台までは徒歩10分

4位

新城島(パナリ島)

新城島(パナリ島)は島全体が西表石垣国立公園に含まれていて、自然豊かな癒しの島です。西表島と黒島の間にあり、定期便が存在しない神秘的な島なので以前は訪れる事が難しかったのですが、現在はシュノーケルツアーでその美しい海を堪能することができます。
新城島の海は、八重山諸島の中でもひときわ透明度が高く魚たちの楽園が広がっています。きっと感動できますよ。
小浜島からのツアーは、小浜総合案内所へお問い合わせください。
基本情報
名称:新城島(パナリ島)
住所:沖縄県八重山郡竹富町字新城
交通手段:ツアーのみ
電話番号:0980-85-4120(パナリ島観光)、0980-85-3571(小浜総合案内所)
詳細URL:
http://panari88.com/panari/index.html 

5位

BOB's CAFE

小浜島の港のすぐ前にある、カジュアルなハンバーガーショップです。観光客だけでなく地元の方にも人気のお店です。
小浜島産の黒糖を使ったテリヤキバーガーが人気で、テリヤキの命とも言われるソースは黒糖のコクとまろやかさが際立っています。小浜島を訪れたら、ぜひ食べたいおすすめの一品です。
また、テリヤキバーガーの他にも、沖縄らしいタコスバーガーや厚切りなのにカラッと揚っているポテトなども人気です。
港の目の前なので、船の待ち時間にもおすすめですが、人気のお店で混むので時間には気を付けてくださいね。
基本情報
名称:BOB's CAFE
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜3400-38 
交通手段:小浜港から徒歩1分
営業時間:[月] 11:00~17:00、[水~日] 11:00~23:00
定休日:火曜日
電話番号:0980-85-3970
詳細URL:http://ameblo.jp/bobucafe/  

6位

ホテルニラカナイ小浜島

ホテルニラカナイ小浜島 <小浜島>(旧:星野リゾート リゾナーレ小浜島)

楽天トラベル

ホテルニラカナイ小浜島 <小浜島>(旧:星野リゾート リゾナーレ小浜島)
小浜島ならではのゆったりとした島時間を最大限に利用した、特別な贅沢空間が創り上げられています。
小浜島の自然に溶け込んでいながらも贅を尽くしたヴィラでは、デイベッドでくつろいだり、離島で味わうキュイジーヌを堪能するなど、開放感たっぷりな中で「何もしないでのんびりと過ごすリゾート」という贅沢な時間を満喫することができます。
日本に居ながら、日本ではないような非日常が実現するリゾートホテルです。
基本情報
名称:ホテルニラカナイ小浜島
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
交通手段:小浜港から車で5分
電話番号:0980-84-6300
詳細URL:https://resort-kohamajima.jp/nrk/ 

7位

はいむるぶし

はいむるぶし <小浜島>

楽天トラベル

はいむるぶし <小浜島>
はいむるぶしは、女子旅・恋人・ファミリーなど、それぞれの旅スタイルに合わせた滞在スタイルを選ぶことができるのが魅力です。
そのため、ゲストルームもいろいろなタイプが用意されています。贅沢なオーシャンビュースイートから、小さなお子様連れのファミリーも安心して滞在できるファミリールームなどもあり、誰もがリゾートを満喫できる極上の空間がここにはあります。
はいむるぶしにはプライベートビーチもあり、小浜島を徹底的に満喫できるリゾートホテルです。
基本情報
名称:はいむるぶし
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
交通手段:小浜港より無料送迎バスで10分
電話番号:0980-85-3111
詳細URL:http://www.haimurubushi.co.jp/plan/index.html

8位

こはぐら荘

こはぐら荘は、ドラマ「ちゅらさん」のロケ地として人気の観光スポットです。主人公が生まれ育った家が小浜島のこはぐら荘という設定だったのですが、撮影で使用された看板がそのまま残されていて「ちゅらさん」の世界観を少しだけ楽しむことができます。
ドラマでは民宿という設定だったのですが、実際は一般の民家の為、中を見ることはできないので外からの見学のみです。
周りにも同じような赤い屋根の家が建ち並んでいて、沖縄らしい風景が広がっています。
基本情報
名称:こはぐら荘
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
交通手段:小浜港から車で5分
電話番号:0980-82-5445(竹富町観光協会)
詳細URL:http://yaenavi.com/island/1135.html

9位

小浜民族資料館

小浜民族資料館は小浜島の集落のなかにある島で唯一の資料館ですが、集落内の他の住宅の風景に溶け込んでいるので少し見つけにくいかも知れません。
小浜島で行われる豊年祭などの祭事の写真などが展示されています。その他にも民俗や歴史などに関する資料などを約400点が展示されています。小浜島の歴史を知ることができる貴重な資料館です。
また、珍しい展示としては、小浜島に住む方の家紋を全て見ることができます。
基本情報
名称:小浜民族資料館
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2
交通手段:小浜港から車で5分、自転車で15分
営業時間:9:00~17:00(夏季は18:00まで)
定休日:なし
電話番号:0980-85-3465
詳細URL:http://www.huckleberry-jp.com/koha/spot/minzokushiryoukan.html 

10位

美ら島のめしや さとうきび

小浜島のリゾート「はいむるぶし」の元料理長が経営する人気のお店です。夜のみの営業で、メニューはなくおまかせのコースとなっています。島の知人の家にお邪魔したような感覚になる素朴なお店ですが、料理は絶品です。
釣りが好きなご主人自らが釣った魚を料理したり、他の料理も手の込んだ沖縄料理や小浜島の素材を使った創作料理など、沖縄料理とフレンチが融合した本格的で美味しい料理が大人気です。
食事が終わると、宿泊先のホテルまで車で送ってもらえるという何ともありがたいサービスもあります。
基本情報
名称:美ら島のめしや さとうきび
住所:沖縄県八重山郡竹富島町小浜3225
交通手段:小浜港から車で3分
営業時間:18:30~23:00
定休日:月曜日
電話番号:0980-85-3254
詳細URL:http://churashima.net/shima/kohama/special/satou/index.html

11

細崎(くばざき)海岸

細崎(くばざき)海岸は、島の西端の岬の先端にある海岸です。漁港もあり、近くには海人が暮らす細崎集落がありますが一般的な観光スポットではなく、離島らしさを感じることができる穴場的な場所です。
海岸からは西表島の島影が見ることができます。西表島の手前にあるヨナラ水道は、巨大なマンタが回遊することから「マンタウエイ」とも呼ばれています。
360度青い海を見渡せる美しい海岸ですが、トイレやシャワーなどはありません。ボーッと海を眺めたり、散策するのにはおすすめの場所です。
基本情報
名称:細崎(くばざき)海岸
交通手段:小浜港から車で6分、自転車で25分
詳細URL:http://www.kohamajima.net/k-kuba.php

12

COFFEE HOUSE ヤシの木

COFFEE HOUSE ヤシの木は、小浜島で唯一のカフェです。1軒しかないにもかかわらず、とてもオシャレなカフェです。それもそのはず、このカフェはご夫婦で経営されているのですが、ご主人は釣り師であり油絵画家でもあり、奥様は絵本作家なんです。
こじんまりとした店内には木で作られたテーブルやイスが並んでいて、まるで絵本の世界のようです。
自家製の黒糖シロップを使った絶品の黒糖サンデーは、COFFEE HOUSE ヤシの木の名物であり、大人気のメニューです。そのほかにもカレーや、パッションフルーツを使ったかき氷などもありますよ。
基本情報
名称:COFFEE HOUSE ヤシの木
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2584

交通手段:小浜港から徒歩15分
営業時間:11:00~19:30
定休日:木曜日・金曜日
電話番号:0980-85-3253
URL:http://yashinoki.jp/yasinoki.htm

13

カンドゥラ石

昔々、雷と一緒に空から二つの石が落ちてきて、大雨を降らせたという言い伝えがあります。それがこのカンドゥラ石です。これは神の仕業に違いないと村人たちは信じ、雨が降らない日が続いたときにはこの二つの石を持ち上げて祈ったそうです。
鳥居の横にこの大小二つの石が並んで置かれていて、横には石碑が建てられています。この石碑にはカンドゥラ石についての説明が彫られているので、立ち寄った際にはこの説明も読んでみてはいかがでしょうか。
ここは、小浜島の歴史を知ることができる観光スポットの一つとなっています。
基本情報
名称:カンドゥラ石
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
交通手段:小浜港から車で5分
詳細URL:http://yaenavi.com/island/1137.html

14

アカヤ崎

ちゅらさん展望台の西側に位置する小高い丘になっており、 ロケ地の案内看板も立てられているので、ここで記念撮影をする方も多いそうです。 あまり木々がないので、開放感が味わえる場所です。
アカヤ崎の手前の道の途中から、丘の上には「数やのガジュマルの木」がポツンと立っています。 少し遠い距離にありますが、ドラマファンにとっては堪らない場所となっています。 アカヤ崎には、マングローブ林もあります。干潮時には、無数のカニが出現してきます。 リュキュウシオマネキは、腐りかけた落ち葉を食べてくれるお掃除屋さんの役割をしています。
基本情報
名称:アカヤ崎
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜島
交通手段:小浜港から自転車で30分
詳細URL:http://www.huckleberry-jp.com/koha/spot/akayazaki.html

15

西大岳

西大岳は大岳のすぐ西側にある小さい山の展望台です。大岳の駐車場からは5分ほどで登ることができます。
大岳に登る階段は300段で、西大岳は108段なのでかなり低いですが、大岳と同じように八重山諸島や美しい海を見渡すことができる穴場の観光スポットです。
大岳側は見渡すことができないので360度の眺望ではありませんが、大岳とはまた違った景色を楽しむことができ、夕日を眺めるにはピッタリのロケーションです。
基本情報
名称:西大岳
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
交通手段:大岳駐車場から徒歩5分
詳細URL:
http://yaenavi.com/island/1370.html

まとめ

沖縄・小浜島の定番とおすすめの観光スポットの中から絶景を満喫できる場所や、歴史を学べる場所、人気のリゾートホテルやカフェなど幅広くご紹介しました。小浜島への旅行の際には、ぜひ参考にしてください。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-24 16:05:56.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: