【神奈川県】秦野・松田・足柄のおすすめ&人気観光スポット10選

pixta ロゴ

【神奈川県】秦野・松田・足柄のおすすめ&人気観光スポット10選

神奈川の観光地といえば、都会的魅力に溢れる横浜みなとみらいが有名ですが、その昔は鎌倉幕府に始まり長く北条家が治めた関東の要所でした。特に丹沢山系をはじめとした険しい山脈は他国からの侵略を難しいものとする、自然の要塞を務めていたんです。その自然美が残る秦野から足柄には、金太郎伝説をはじめとした多くの観光スポットがあります。
[更新日:

1位

大雄山最乗寺

1401年開山という600年以上の歴史を持つ大雄山最乗寺。長い階段の参道を上るとそこには足柄山を背景に、幽玄な山寺の風景が広がります。

最乗寺は越前の永平寺、鶴見の総持寺に次ぐ曹洞宗の古刹です。この寺を開山した了庵禅師は、大峰山や熊野三山で修業を積み通幻寂霊の法を継いだ、通幻十哲と呼ばれる禅僧のひとり。その了庵禅師が寺を開山すると聞いて駆け付けた弟子の修験者・妙覚道了、熊野から天狗に姿を変え空を飛んできたと言われています。

最乗寺は天狗パワーのお寺として知られていますが、その天狗の正体がこの道了尊。了庵禅師亡き後も後々まで天狗に姿を変え当寺を守っているんですね。御神殿横には世界一と言われる重さ3.8トンの巨大な天狗の下駄が祀られています。左右揃って一対であることから夫婦和合に通じるとして、天狗の高下駄の周りには、そのご利益に奉納された大小様々な形をした下駄がずらりと並んでいます。
基本情報
名称:大雄山最乗寺
住所:〒250-0127 神奈川県南足柄市大雄町1157
交通手段:JR「小田原駅」から大雄山線にて「大雄山駅」、バスで「道了尊」下車
営業時間:常時開放
定休日:年中無休
電話番号:0465-74-3121
詳細URL:http://www.daiyuuzan.or.jp/

2位

震生湖

2016年12月撮影

2016年12月撮影

「山さけて成しける池や水すまし」1923年に起きた関東大震災で生まれた震生湖。大磯丘陵という小高い山の上にあり、周辺は緑豊かな樹々に囲まれた神秘的な湖です。
山の中の小さな湖ですが、地下から湧き出る水の美しさは必見!春から夏にかけては新緑、秋には鮮やかな紅葉をコバルトブルーの水面に映しこみ、実に神秘的なんです。

湖の周りには遊歩道が設置され、ゆっくりと散策しても1周30分ほど。遊歩道沿いには「秦野福寿弁財天」が祭られ、こちらは学問や芸術の発達を促す、また女性の方は美人になり良縁に恵まれるというご利益があるそうですよ。神秘の湖で癒された上に美人になるなんて、女性には願ったり叶ったりですね♪
また、こちらの湖はヘラブナやバスの釣りスポットとしても人気です。
基本情報
名称:震生湖
住所:〒257-0014 神奈川県秦野市今泉1814
交通手段:小田急線「秦野駅」より徒歩約50分/バス「秦15震生湖経由比奈窪行き」で「震生湖」下車、徒歩約3分
電話番号:0463-82-8833(秦野市観光協会)
詳細URL:http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_shinseiko.html

3位

塔ノ岳

神奈川の屋根と称される丹沢山系の中でも一番人気のあるのが、標高1,491mの塔ノ岳です。登山口である大倉(秦野ビジターセンター)から、通称バカ尾根と呼ばれる長くて変化のない急な大倉尾根をひたすら登ります。途中からは階段状の道に変わりながらも、辛抱度よく登っていくこと約3時間、いきなりパアっと視界が開け花立山荘に到着。そこから更に登ること1時間で山頂に到着。

山頂からは、それまでの疲れが吹き飛ぶほどの360゜のパノラマが広がります。富士山はもとより、お天気が良ければ遠く南アルプス、眼下には相模湖、伊豆半島まで見渡すことが出来ます。特に冬場には樹氷ならぬ雨氷が山頂付近の樹々に氷の花を咲かせ、神奈川でこれほどの美しさに出会えることに、感動間違いなしですよ♪
基本情報
名称:塔の岳
住所:〒259-1306 神奈川県秦野市戸川
交通手段:小田急線「 渋沢駅 」北口よりバス「渋02大倉行」にて終点「大倉」下車、徒歩3時間40分
電話番号:0463-87-9020(秦野戸川公園パークセンター)
詳細URL:http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_tounodake.html

4位

ユーシン渓谷

2015年11月撮影

2015年11月撮影

神奈川の名所として知られる丹沢湖。ついそこで足を止めてしまう方が多いのですが、そこから玄倉川沿いに歩くこと約2時間先に、美しいユーシンブルーの絶景があることをご存知ですか?

話題の発端はSNSに投稿された一枚の写真、その神秘的なエネラルドグリーンの水面に人々は惹きつけられました。ここは玄倉第二発電所にある貯水湖、玄倉林道の「新青崩街道」を越えた3つ目の真っ暗なトンネルを過ぎると現れます。その美しさに、誰もが立ち止まって目を奪われてしまう神秘の堰止池。

小さな滝もあり、流れ落ちる水の清涼さにしばし時を忘れてしまうほど。そしてそこから更に1時間のユーシンロッジまでの道は、まさに秘境とも言える美しい渓谷が続きます。最近はクチコミで隠れた人気スポットになっていますが、今ならまだ間に合います。こちらを訪れる際は、懐中電灯を忘れずに!
基本情報
名称:ユーシン渓谷
住所:〒258-0202 神奈川県足柄上郡山北町玄倉
交通手段:JR「山北駅」から富士急湘南バス「玄倉」下車、徒歩3時間40分
電話番号:0465-75-2717(山北町観光協会)
詳細URL:http://www.yamakita.net/experience/hiking.php

5位

金時山

「足柄山の金太郎」でお馴染みの金太郎、最近は某携帯会社のCMでも人気ですね。その金太郎伝説の残る山が、ここ金時山です。金時山は標高1,212m、箱根山外輪山の中でも最も高いため、周りには遮るものがありません。そのため山頂に立つと、目の前には大きな富士山に感動!眼下には大涌谷の噴煙から芦ノ湖・仙石原まで広く見渡せる抜群の眺望が楽しめます。

ちなみに金太郎は、南北朝時代に源頼光の家臣四天王のひとり・坂田金時であると言われています。怪力童子の異名を持つ彼の故郷が足柄山であることから「金太郎伝説」ができ、金時山と呼ばれるようになったそうです。山頂にある金時茶屋は、新田次郎著「強力伝」のモデルとなった小宮山正氏氏の山小屋で、その娘さんである通称・金時娘こと小宮山妙子さんが長年小屋を守り続けています。
基本情報
名称:金時山
住所:〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
交通手段:JR「小田原駅」から箱根登山鉄道バスで「乙女峠」下車、徒歩2時間
TEL:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
詳細URL:http://www.hakone.or.jp/hiking/hiking_09.html

6位

弘法山公園

弘法山公園は、浅間山・権現山・弘法山の3つのなだらかな低山が連なる公園。「かながわ花の名所100選」「関東の富士見100景」に選ばれています。その高低差はたったの250m、スニーカーでも散策できるハイキングコースとなっており、ご年配の方から子どもまで手軽に楽しめます。

春になると園内には2,000本の桜が咲き誇り、あたり一面がピンク色に染まります。権現山山頂の展望台からは360゜のパノラマが見渡せ、お天気が良ければ秦野の街並みの向こうに富士山の雄大な姿を見ることができます。
特に夕刻以降は神奈川でもトップクラスの夕景・夜景が楽しめるデートスポットなんです。夜の帳が落ち始めるマジックアワーには、秦野市街のキラキラと輝く灯りに青からオレンジに移り変わるグラデーション、そしてその奥には箱根山・富士山のシルエットが広がり、ロマンチックなんですよ♪
基本情報
名称:弘法山公園
住所:〒257-0031 神奈川県秦野市曽屋
交通手段:小田急線「秦野駅」より徒歩約35分/バス「秦25曽屋弘法行き」で「弘法山入口」下車、徒歩約10分
電話番号:0463-82-5111(秦野市観光協会)
詳細URL:http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_koubouyama.html

7位

厳島湿生公園

2016年12月撮影

2016年12月撮影

神奈川県の中でも珍しい清水が湧き出る湿生地、それを復元し整備された公園が厳島湿生公園です。湿原の中央には地元の方たちから「弁天様」と親しまれている厳島神社、湿原にはセリやセキショウなどが守り育てられ、そこに集う野鳥の宝庫でもあります。特に「飛ぶ宝石」と呼ばれる翡翠色をした美しい鳥・カワセミに出会える確率が高い公園なんです。

初夏にはゲンジボタルが舞い始め、その時期に合わせた5月下旬には「竹灯籠の夕べ」という幻想的なイベントが行われます。地元の竹林を保存するために切り出された孟宗竹を利用し、約3,000本の竹灯籠が作られ日没とともに点灯されると、そこはまさに幽玄の世界。舞い始めたばかりのゲンジボタルがチラホラと光を放つ中、大正琴の演奏などが幻想的な雰囲気を盛り上げてくれます。
基本情報
名称:厳島湿生公園
住所:〒259-0151 神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1310
交通手段:JR「二宮駅」からバスで「北窪入口」下車、徒歩2分
電話番号:0465-81-3901(中井町まち整備課)
詳細URL:https://www.town.nakai.kanagawa.jp/forms/info/info.aspx?info_id=3710

8位

菜の花台園地

弘法山に負けず劣らず夜景スポットとして人気なのが、ヤビツ峠に向かう途中にある菜の花台園地。こちらは神奈川屈指のデートスポットとしても有名ですね。関東平野は日本一広大な平野ですが、ここからは海に向かって広がる景色が一望できるんです。お天気が良ければ、遠く伊豆半島から江ノ島、相模湾や海に浮かぶ大島まで見渡せます。

特に夕刻から望む夜景は言葉に尽くせないほど美しく、写真愛好家にとっては絶好の撮影スポットなんです。ヤビツ峠は表丹沢の登山口、そこに向かう人やロードバイクを楽しむ人に人気の場所ですが、峠まで行ってしまうとそこは森の中。ぜひその前にここで足を止めて、景色を堪能してください。
基本情報
名称:菜の花展望台
住所:〒257-0023 神奈川県秦野市羽根1079-5
交通手段:小田急線「秦野駅」より「秦21ヤビツ峠行き」にて「菜の花台」下車
電話番号:0463-82-8833(秦野市観光協会)
詳細URL:
http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_nanohanadai.html

9位

鶴巻温泉 弘法の里湯

1889年の東海道本線の開通とともに開湯した鶴巻温泉は、カルシウムが豊富な天然温泉です。駅からたった2分と便利な立地にあり、建物は和風の洒落た老舗旅館のよう。これが公共温泉?と思わず唸ってしまうほどです。

その昔この地で井戸を掘ったら出てきたお湯、塩分が強く飲料・農地用には使えないことから、浴用に使われ始めたと伝えられえています。弘法の里湯は、大きな内湯からサウナ、露天風呂、2階には120畳という大広間もあり、ゆっくり食事もできます。登山や自然散策の帰りに、電車に乗る前に一汗流し寛ぐには最高ですね。

また、通常掛け湯といえば湯船などからくみ出しますが、こちらの面白いところは蛇口からも温泉水が出ること。神経痛や外傷などに効能があるんですよ。時間がなくて温泉にゆっくり入れない方は、弘法の里湯敷地内にある無料の足湯で、軽く疲れを取ってみてはいかがですか?
基本情報
名称:弘法の里湯
住所:〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2
交通手段:小田急線「鶴巻温泉駅」より徒歩約2分
営業時間:10:00~21:00 (12月28日~1月3日)10:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)・12月31日
電話番号:0463-69-2641
入湯料:平日 1日1,000円(市内在住・在勤の人は800円)、2時間800円(市内在住・在勤の人は600円)、土日祝日2時間1,000円(市内外共通)
詳細URL:http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_koubounosatoyu.html

10位

夕日の滝

「足柄山の金太郎」が産湯に使ったと伝えられる夕日の滝は、酒匂川支流にある落差23m、幅5mの滝です。1月半ば頃になると夕陽が滝の中央に沈むように見えることから、この名前が付けられたと言われています。

夕日の滝はパワースポットとしても有名、ここで滝行を行うと霊験あらたか清涼感を感じることが出来ると人気です。過去には、明石家さんまさんやボクシングの亀田兄弟、ベッキーやオードリーの春日さんまで多くの芸能人が、お忍びまたはロケで滝行にチャレンジされているんです。滝の下流には、金太郎が幼い頃に遊んだと伝えられる「かぶと石」や「たいこ石」などがあります。冬には氷瀑が見られる夕日の滝、もしかすると滝行をしている有名人を見かけることができるかもしれません。
基本情報
名称:夕日の滝
住所:神奈川県南足柄市矢倉沢
交通手段:伊豆箱根鉄道「大雄山駅」から箱根登山バス「地蔵堂行き」で終点下車、徒歩15分
電話番号:0465-74-2111(南足柄市観光協会)
詳細URL:http://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kankou/spot/yuuhino_taki.html

まとめ

神奈川の中でも屈指の自然を残す秦野から足柄にかけての地域は、まだまだ人に知られていない観光スポットが多くあります。有名になりすぎてしまうのも困るのですが、都心から近く心癒される自然をぜひ堪能して、明日の活力にしてください。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-14 11:29:12.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: