岩手県の釜石市周辺のおすすめ定番観光スポット15選

pixta ロゴ

岩手県の釜石市周辺のおすすめ定番観光スポット15選

岩手県の釜石市といえば海のイメージが強いようですが、海だけではなく様々な場所に見どころがあります。そこで釜石市のおすすめ定番の観光スポットをご紹介したいと思いますので、参考にして出かけてみてください。
[更新日:

1位

釜石大観音

「釜石大観音」は高さが48,5mの鉄筋コンクリート造りの観音像で、その腕には魚が抱かれています。観音像の内部は13階になっていて、本尊である魚籃観音や三十三観音・七福神胎内めぐりなどがあり、12階部分は展望台になっています。展望台から見る景色は素晴らしく、きっとリフレッシュできることと思いますよ。家族でもカップルでもおすすめしたい観光スポットです。是非訪れてみて絶景を楽しんでみてください。
基本情報
名称:釜石大観音
住所:岩手県釜石市大平町3-9-1
交通手段:釜石駅より車で10分
拝観時間:9:00~16:30
電話番号:0193-24-2125
詳細URL:
http://www.kamaishi-daikannon.com

2位

橋野高炉跡

「橋野高炉跡」は国内で最古の洋式高炉跡として史跡に指定されています。また世界遺産・明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼・造船・石炭産業の構成資産にもなっています。三基ある高炉跡の他に、水車場跡や御日払所・長屋跡そして山神社跡なども確認されていて、その遺構は当時の稼動状況や経営状況も示しており、国内における製鉄産業の近代化を象徴する史跡として、その価値は大変に高いものとなっています。
基本情報
名称:橋野高炉跡
住所:岩手県釜石市橋野町
交通手段:釜石駅よりバスで50分、その後徒歩で5分
電話番号:0193-22-8835
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/hashino_tekkouzan/

3位

仏舎利塔

 釜石市の「仏舎利塔」は、スリランカ共和国ケラニヤ精舎より敬贈されたお釈迦さまの御遺骨(仏舎利)が奉安されている、高さ24mのインド・スリランカ洋式の塔です。内部には今からおよそ2,600年前に亡くなられたお釈迦様の仏舎利安置塔と、仏教の各宗の開祖を祀った八宗祖師堂があります。ここに参拝する事で現在・過去・未来の三世にわたる悪い因縁が断ち切られると言われていて、人気の観光スポットとなっています。
基本情報
名称:仏舎利塔
住所:岩手県釜石市大平町3-9-1
交通手段:釜石駅からバスで10分
拝観時間:9:00~17:00
定休日:年末
電話番号:0193-24-2125
詳細URL:
http://www.kamaishi-daikannon.com/bushari.html

4位

シープラザ釜石(釜石物産センター)

「シープラザ釜石(釜石物産センター)」は釜石駅のすぐ近くにあり、人と人・人と物の交流・交歓による三陸の情報発信基地として、特産品やお土産物の販売、そしてイベント広場や観光案内所などが設けられている大規模な観光物産館です。館内はいつも活気があふれていて威勢の良い掛け声なども聞かれます。地元の人と観光客との触れ合いの場として大きく貢献しているのが「シープラザ釜石(釜石物産センター)」であると言えます。
基本情報
名称:シープラザ釜石(釜石物産センター)
住所:岩手県釜石市鈴子町22-1 
交通手段:釜石駅より徒歩1分
営業時間:9:00~19:00
定休日:第1・3・5火曜日、年末年始
電話番号:0193-31-1177
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/detail/1191195_2452.html

5位

駅前橋上市場 サン・フィッシュ釜石

「駅前橋上市場 サン・フィッシュ釜石」では、地元で水揚げされたばかりの、新鮮な魚介類を中心とした生鮮食品店や飲食店等が多数集まっていて、しかも市道をはさんだシープラザ釜石との間が連絡通路で結ばれているため、さまざまな特産品等を購入することができます。また飲食店もあり、とれたての魚介類が安い値段で食べられると好評です。お土産をここで買ってさらに美味しいものを食べて大満足することは間違いないでしょう。
基本情報
名称:駅前橋上市場 サン・フィッシュ釜石
住所:岩手県釜石市鈴子町2-1
交通手段:釜石駅から徒歩で1分
営業時間:7:00~16:00
定休日:毎月第1・3・5水曜日
電話番号:0193-31-3668
詳細URL:
http://sunfish-kamaishi.sakura.ne.jp

6位

釜石仙人峠

道の駅「釜石仙人峠」は釜石の西の玄関口、仙人峠道路の出入り口に2015年にオープンしました。その道の駅「釜石仙人峠」の横には、ヤマメやアユやなどの川魚が元気に水面を飛び跳ねる清流甲子川(かっしがわ)が流れ、その水音がきっと旅の疲れをすっかり癒してくれますよ。道の駅「釜石仙人峠」の一番人気は藤勇醤油ソフトで、地醤油を隠し味にしているのですごくコクがあって美味しいんですよ。ここでしか食べられない味です。
基本情報
名称:釜石仙人峠
住所:岩手県釜石市甲子町第7地割155-4
交通手段:松倉駅から1,750m
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始
電話番号:0193-27-8530
詳細URL:
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/Michi-no-Eki/eki_index/index_iw31.html

7位

釜石園芸植物園

「釜石園芸植物園」は釜石市の中でも有数の植物園で、特に5月ごろに咲くツツジは圧巻でとても見ごたえがあります。ツツジの他にも四季折々の様々な花々や植木が一面に広がります。最寄り駅からも近いので、散歩がてらのんびりと歩いてみてはいかがでしょうか。ストレス解消にも役立つと思いますよ。ツツジの花の鮮やかな色で元気にもなれることでしょう。釜石市でおすすめの定番観光スポットの一つです、是非訪れてみてください。
基本情報
名称:釜石園芸植物園
住所:岩手県釜石市定内町1-12-2
交通手段:小佐野駅から徒歩で5分
営業時間:8:00~17:00
定休日:なし
電話番号:0193-23-8020
詳細URL:
http://www.nihon-kankou.or.jp/iwate/detail/03211cc3310040304

8位

尾崎神社

「尾崎神社」は御祭神を日本武尊(やまとたけるのみこと)と綿津見神(わだつみのかみ)として祀っている神社で、地域でも最大で最古の神社として地域の人々の信仰を集めています。浜町にあるのは参拝しやすいようと江戸時代に建てられた里宮で、その他にも釜石市南部にある尾崎半島の中ほど白浜地区に本宮が、そして半島の最先端に奥宮と奥の院があり、半島の先端に行くほど古くなっています。この神社で神前結婚式を挙げるカップルも多いんですよ。
基本情報
名称:尾崎神社
住所:岩手県釜石市浜町3-23-27
交通手段:釜石駅より車で10分
電話番号:0193--22-3095
詳細URL:
http://tohoku.itot.jp/kamaishi/18

9位

不動の滝

「不動の滝」は三段から成っていて、日本の滝百選の一つにも選ばれています。滝の中程には石彫不動明王が安置され、修験者の道場であったと伝えられています。静かな雰囲気の一帯は今も神聖な地域となっています。高さが15mの滝から水が白い飛沫を上げて垂直に流れ落ちる様はまさに圧巻です。とても見ごたえのある景色でマイナスイオンもたっぷりなので、ここに行くだけで気分爽快になります。散策を兼ねて出かけてみましょう。
基本情報
名称:不動の滝
住所:岩手県釜石市甲子町
交通手段:松倉駅より徒歩で30分
詳細URL:
https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_22560/

10位

鉄の歴史館

「鉄の歴史館」は釜石の製鉄業に携わった大島高任氏をはじめとして、多数の先人たちが残した資料や鉱石・道具等が常時展示されています。また釜石市橋野地区に作られた高炉の復元模型を設置しているシアターでは、鉱石から鉄を作りだす過程を見ることができます。鉄のおもちゃコーナーなどもあり、見どころがたくさんです。あらかじめ予約をしておけば、金属鋳造体験もできるんですよ。そして館内のテラスからは釜石湾が一望できる観光スポットです。
基本情報
名称:鉄の歴史館
住所:岩手県釜石市大平町3-12-7
交通手段:釜石駅よりバスで7分 
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末
電話番号:0193-24-2211
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/detail/1191193_2452.html

11

尾崎半島

「尾崎半島」は釜石湾の南、外洋に深く突き出している半島です。釜石湾に面して磯遊びや釣りをするのに適した青出(あおだし)浜や白浜があります。尾崎白浜から青出浜までは約3kmで、青出浜から突端の尾崎灯台まで約3kmのハイキングコースになっています。ゆっくりと美しい海を見て歩ける自然歩道もあるので、気持ちのよい浜風を受けながらいい汗をかくとスッキリしますよ。珍しいモミの木の自然林も見ごたえがあります。
基本情報
名称:尾崎半島
住所:岩手県釜石市大字平田第8地割
交通手段:釜石港より30分
電話番号:0193-22-2111
詳細URL:
http://www.nihon-kankou.or.jp/iwate/032115/detail/03211ab2050007341

12

釜石市郷土資料館

「釜石市郷土資料館」にはおよそ7,000点にものぼる収蔵品が保存されていますが、その殆んどが市民からの寄贈によるものであり、市民の手作りの資料館だと言えます。ここでは釜石の民俗資料や考古と史跡・そして釜石の自然などについて学べるようになっています。不定期に行われるイベントも楽しく、小さなお子さんから大人まで自然に郷土の知識を身につけることができます。観光に訪れても珍しいものが見れて楽しめます。
基本情報
名称:釜石市郷土資料館
住所:岩手県釜石市鈴子町15-2
交通手段:JR釜石駅より徒歩3分
営業時間:9:30~16:30
定休日:年末年始
電話番号:0193-22-2046
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/kyoudo/index.html

13

中村判官堂

「中村判官堂」には義経にまつわる伝説があります。義経北行伝説にまつわる史跡であり、平泉を逃れ遠野から笛吹峠を経て橋野の中村に来た義経が、八幡家に宿をとりました。そしてその御礼として、鉄扇と文書を残していったと伝えられています。八幡家はその後「中村判官堂」と石像を建立し一行の安泰を祈念したと言われています。歴史的なロマンを感じさせてくれる史跡の一つなので、観光に行く価値があります。
基本情報
名称:中村判官堂
住所:岩手県釜石市橋野町
交通手段:鵜住居駅よりバスで30分
 
電話番号:0193-22-2111
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/mobile/kyoudo/column/column-tanbou3.html

14

唐丹桜並木

「唐丹桜並木」は昭和9年の春に、前年の昭和8年の三陸大津波により大被害を受けた旧唐丹村の復興を願い、唐丹地区に2,800本の桜を植えたものです。春になって桜が満開になるだけでも素晴らしい景色ですが、中でも一番の見所は本郷の桜並木で、3年に一度行われる天照御祖神社祭典では、桜の下を大名行列が練り歩き神聖でありながら華やかな雰囲気になります。なので釜石に観光に行くなら是非この時期をおすすめします。
基本情報
名称:唐丹桜並木
住所:岩手県釜石市唐丹町字桜峠
交通手段:釜石駅よりバスで27分
電話番号:0193-22-2111
詳細URL:
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/kanko/shizen/detail/1191179_2432.html

15

石応禅寺

峰山「石応禅寺本堂」は1665年に建立され、本尊を釈迦三尊像としています。荘厳な山門をくぐり抜け境内に入ると、釜石市指定の有形文化財・徳治の碑や1725年に造られた聖観音銅像が見えてきます。また手入れの行き届いた庭園も見どころの一つで、四季折々の花々で埋め尽くされます。釜石市の中心部にありながら、静かな佇まいを見せてくれているのが「石応禅寺本堂」で、歴史を感じさせてくれて見どころも満載です。
基本情報
名称:石応禅寺
住所:岩手県釜石市大只越町1-1-1
交通手段:釜石駅より徒歩10分
電話番号:0193-22-4080
詳細URL:
http://www.kamaishi-daikannon.com/ishi_temple.html

まとめ

岩手県の釜石市には趣のある場所が多くあり、気持ちを落ち着かせたい時にはおすすめです。そして釜石の文化と歴史に親しんでもらいたいと思います。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-24 11:06:47.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: