【和歌山】高野山周辺のおすすめ&人気観光スポット10選

pixta ロゴ

【和歌山】高野山周辺のおすすめ&人気観光スポット10選

弘法大師空海が御座する高野山は日本人なら誰でも知っている日本仏教の聖地。山全体がパワースポットとなっている高野山については、数多くの観光ガイドがあります。こちらでは高野山に縁のある周辺の観光スポットも合わせてご紹介します。
[更新日:

1位

壇上伽藍

高い山々に囲まれた世界遺産・高野山は、「一山境内地」と称され山全体がひとつのお寺となっています。標高約900mの山上盆地に広がり、開創1,200年以上の長き歴史をもつ真言密教の聖地です。

高野山のシンボルとも言える鮮やかな朱色の根本大塔をもつ壇上伽藍は、高野山の学問道場の本部。高野山二大聖地のひとつである壇上伽藍は、弘法大師空海がこの地で最初に伽藍建立した地でもあります。大塔の内陣には曼荼羅の世界を立体的に表現した立体曼荼羅が描かれています。またこの伽藍は石段の上に建立されており、そこから壇上伽藍と呼ばれるようになりました。かつては女人禁制の修禅道場でしたが、今は誰でも訪れることが出来ます。
基本情報
名称:壇上伽藍
住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山152
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車、山内路線バスで「金堂前」下車
拝観時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
電話番号:0736-56-2011 (金剛峯寺)
拝観料:200円
詳細URL:http://www.koyasan.or.jp/meguru/sights.html#danjogaran

2位

奥之院

壇上伽藍とならぶ高野山のもうひとつの聖地が「奥之院」です。高野山信仰の中心であり、835年に弘法大師・空海が入定した御廟があります。ここでいう入定とは、真言宗密教の修行の一つで、全ての煩悩を捨て己の肉体だけを現世に残すことです。入定された弘法大師は、今なお世の中の平和を祈り人々を救い続けていると信じられ、高野山では毎日朝6時と朝10時半の2回食事が届けられます。

では生きたまま「即身成仏」となられたのでしょうか?「今昔物語」によると、空海が入定してから83年後の921年、醍醐天皇の夢枕に弘法大師が立たれ和歌を詠まれたそうです。そのお姿がボロボロの衣を纏っていたことから、天皇は観賢僧正に新しい衣と「弘法大師」の贈り名を届けるように託されました。そして観賢僧正が高野山に詣で御廟へ入ると、そこには天皇がご覧になったとおりの弘法大師のお姿があったそうです。そこで観賢僧正は天皇からの届け物を渡し、高野山を後にしたそうです。その後は誰も御廟に入られた方がいないので、現在も謎は解き明かされていません。
基本情報
名称:奥の院
住所:〒648-0294 和歌山県伊都郡高野町高野山550 金剛峯寺
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車、山内路線バスで「奥の院前」下車
拝観時間:(5月~10月)8:00~17:00、(11月~4月)8:00~16:30
定休日:年中無休
電話番号:0736-56-2011 (金剛峯寺)
拝観料:無料
詳細URL:http://www.koyasan.or.jp/meguru/sights.html#okunoin

3位

金剛峯寺

金剛峯寺は高野山の総本山。広大な寺内部には、質素な外見からは想像できないほど豪華で華やかな装飾が施されています。各部屋の襖には雪舟や狩野派名絵師などによる壮大で煌びやかな絵が描かれ、中でも天皇・上皇をを饗すための部屋・奥書院や上段の間は総金箔押しの壁に、欄間は透かし彫りという豪華さです。また日本最大級の石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」は、シンプルかつ計算しつくされた枯山水の庭。白川砂と青石140個だけで、雲海の中で奥殿を守る一対の龍が表現され、なんとも深みのある庭です。

修験道場だけあって、高野山には玄関や門の出入りにも厳しいルールがあり、天皇・皇族や高野山の重職用とその他一般用に分かれています。
基本情報
名称:金剛峯寺
住所:〒648-0294 和歌山県伊都郡高野町高野山132
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車、山内路線バスで「金剛峯寺」下車
拝観時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
電話番号:0736-56-2011
拝観料:一般500円、小学生200円
詳細URL:http://www.koyasan.or.jp/

4位

女人堂

高野山は1904年まで女人禁制の霊山で、女性は入山が許されませんでした。その境界線を「女人結界」と呼び、信仰深い女性たちがお参りするため結界の外に建てられたのが「女人堂」です。高野山には登り口が「不動坂口」「大門口」「龍神口」「相浦口」「大滝口」「大峰口」「黒子口」と7つありました。その「七口」にそれぞれ女人堂が設けられていましたが、こちらはその中で現存する唯一の女人堂です。

この七口を結び八葉蓮華を巡る道が「女人道」と呼ばれ、女性たちはその道沿い遠くから堂塔や奥ノ院御廊を拝んだと伝えられています。この女人堂には国宝に指定されている古い柱があり、鎌倉時代後期のものであるとされています。
基本情報
名称:女人堂
住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山709
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車、山内路線バスで「浪切不動前」下車
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
電話番号:0736-56-2011 (金剛峯寺)
詳細URL:http://www.koyasan.or.jp/meguru/sights.html#nyonindo

5位

戦国武将の供養塔

仏教の聖地・高野山は死者供養の霊場でもあります。「一の橋」入口から「御廟」までの約1.9kmにわたる参道沿いには、歴史上の人物の墓や供養塔が約20万基以上が並んでいます。比叡山と共に高野山では誰でも平等であり、ここを浄土と信じた人々を宗派を超えて受け入れています。

古くは曽我兄弟、平敦盛から、浄土真宗の親鸞上人や浄土宗の法然上人、そして織田信長や明智光秀、豊臣秀吉や淀君、武田信玄、伊達政宗。歴史に名を遺すほとんどの武将の供養塔があると言っても過言ではありません。更に変わったところでは、鶴田浩二や花菱アチャコ、そして江崎グリコやパナソニック、小林製薬まで。これらをひとつひとつ見て回るのも面白いですね♪
基本情報
名称:戦国武将の供養塔
住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車、山内路線バスで「奥の院口」下車
営業時間:常時開放
定休日:年中無休
電話番号:0736-56-2011 (金剛峯寺)
詳細URL:http://kouyasan-ohaka.com/kouyasan/histry/

6位

九度山・真田庵

家康を追いつめた勇猛な名将「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」として名高い真田信繁幸村が、関ヶ原合戦で敗北した西軍に加勢したことから蟄居を命じられた場所が九度山でした。ここ真田庵は正式名を「善名称院」といい、真田一族が住んでいた屋敷跡に建てられています。ここでの生活は貧しく質素で、真田家に代々伝わる真田紐を織り、それを売ることで生活をしていたと伝えられています。

敷地内には真田地主大権現、真田宝物資料館、真田古墳があります。真田古墳には、「九度山の屋敷から大坂城へ入城するために作った長いトンネルで、信繁はこの抜け穴を使って大坂城へ出向いた」という伝説が残っています。実際は古墳時代後期の横穴式古墳なのですが、有能な戦略家であった真田氏であることから、こんな伝説が生まれたのでしょうね。
基本情報
名称:九度山・真田庵
住所:〒648-0101 和歌山県伊都郡九度山町九度山1413
交通手段:南海高野線「九度山駅」から徒歩10分
営業時間:9:00~16:00
定休日:年末年始
入館料:200円
電話番号:0736-54-2019(九度山町観光協会)
詳細URL:http://www.kudoyama-kanko.jp/midokoro/spot01.html

7位

慈尊院

816年に弘法大師空海が創建したとされる慈尊院は、別名「女人高野」とも呼ばれています。その昔、空海の御母公が「我が子が開いている山を一目見たい」と高野山を尋ねましたが、女人禁制であったことから行くことが叶いません。そこでこちらに滞在された御母公を訪ねて、空海自らが月に九度「町石道」会いに来られたと言われ、そこから九度山という地名が付きました。

こちらで有名なのが「乳房型絵馬」。子授けや安産、良縁などの願って手作りのおっぱい絵馬が多く奉納されています。特に近年はテレビなどでも乳がん撲滅を祈願した特大絵馬が話題となり、悩める多くの女性が全国から訪れます。
基本情報
名称:慈尊院
住所:〒648-0151 和歌山県伊都郡九度山町大字慈尊院832
交通手段:南海高野線「九度山駅」から徒歩20分
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休
電話番号:0736-54-2214
詳細URL:http://jison-in.org/

8位

丹生都比売神社

今から1700年以上前に創建されたと伝えられる丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)は、全国にある丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)を祀る神社の総本社です。高野山は、もとは丹生都比売大神の所領であり、狩場明神(狩人に姿を変えた高野御子大神)に導かれてやってきた弘法大師が、借り受けした山とされています。そのため、高野山へ登るには丹生都比売神社を参拝して礼を尽くしてからが慣習でした。

九度山と高野山の中間には「二ッ鳥居」があり、ここには「赤」の丹生都比売大神と、「白」の高野御子大神の二神が祀られています。また、こちらにある美しい太鼓橋は、淀君が寄進したものだそうですよ。
基本情報
名称:丹生都比売神社
住所:〒649-7141 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230
交通手段:JR「妙寺駅」または「笠田駅」からタクシーで15分
営業時間:9:00~16:00
定休日:年中無休
電話番号:0736-26-0102
詳細URL:http://www.niutsuhime.or.jp/

9位

宿坊に泊まる

高野山には、基本的にホテルのような観光客用宿泊施設はありません。その代わりにあるのが宿坊です。宿坊とは神社やお寺に併設された宿泊施設で、本来は僧侶または参拝者が泊まる施設でしたが、現在では積極的に一般観光客の宿泊を受け入れる宿坊が増えています。さすがに高級旅館とはいかなくとも、それに負けず劣らずの充実した設備やサービスを提供してくれる宿坊もあります。中には戦国武将ゆかりの寺や、美しい庭園や襖絵などのある寺もあり、宿坊ならではの楽しみがあります。

宿坊に泊まる魅力は、なんといっても寺社文化の体験ができること。写経や護摩業、瞑想(阿字観)、朝勤行などはもとより、普段は体験できない非日常がそこにあります。そして一番のお楽しみが精進料理。宿坊によって様々な工夫を凝らした料理がいただけますが、見た目も美しく手ヘルシーな精進料理は心身ともに浄化されるようです。宿坊を泊まる際に注意が必要なのが、最終チェックインの時間。高野山は夜が早いので、遅くとも18時くらいまでにはチェックインしてくださいね。
基本情報
名称:宿坊に泊まる
住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車
電話番号:0736-56-2616(一般社団法人高野山宿坊協会)
詳細URL:http://www.shukubo.net/contents/stay/

10位

精進料理をいただく

精進料理とは、魚や肉を一切使わずに調理された料理です。仏教では殺生が禁じられているため、僧が食べる食事は基本的に精進料理になります。精進料理は、食材の味を生かし、食材を全て使い切ることで無駄を出さないことが基本です。そして喜んで料理する心、細やかな心配り、バランスを考えた料理。つまり精進料理を作ること自体が、修行のひとつにもなっているんですね。

精進料理というと、一汁一菜のような淋しい質素な料理を思い浮かべる方も多いのですが、実際は器ひとつにも工夫がなされ。ヘルシーながらも美しく美味しいお料理です。高野山ではランチに精進料理を頂ける宿坊から料理店まで、それぞれに工夫を凝らした料理を提供されているので、ぜひ味わってください。
基本情報
名称:精進料理をいただく
住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山
交通手段:南海高野線「極楽橋駅」から「南海高野山ケーブル」で「高野山駅」下車
電話番号:0736-56-2616(一般社団法人高野山宿坊協会)
詳細URL:http://www.shukubo.net/contents/eat_buy/cusine.html

まとめ

高野山は静かな霊気に包まれたパワースポットです。そのキリッと引き締まるような清涼な空気は、訪れる人に非日常の時間を与えてくれます。高野山に行くだけでも何かが変わるかもしれません。一生の間に、ぜひ一度は訪れたい場所ですね。
この記事に関連する目的
公開日: 2017-03-10 10:45:20.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: