8月開催!宮城県で参勤交代を体験「わらじで歩こう七ヶ宿」と前夜祭の七ヶ宿火まつりを楽しむお勧めプラン

gettyimages ロゴ

8月開催!宮城県で参勤交代を体験「わらじで歩こう七ヶ宿」と前夜祭の七ヶ宿火まつりを楽しむお勧めプラン

参勤交代で賑わった山中七ヶ宿街道約11kmの道のりを歩く、少し変わったウォークイベントと、その前夜祭の火祭りを紹介します。美しい自然と、普段味わえない経験が出来るお勧めのイベントです。一緒に七ヶ宿の観光も!
[更新日:

わらじで歩こう七ヶ宿&火祭り 基本情報

2018年で32回目を迎える「わらじで歩こう七ヶ宿」。
参勤交代で賑わった山中七ヶ宿街道約11kmの道のりを、約5時間(休憩・昼食はさみ)かけて歩きます。
途中には関所やお茶屋が用意されており、江戸時代の世界観を味わうことが出来ます。

江戸時代のコスプレ衣装で参加する人もいる、楽しいイベントです。
基本情報
名称:わらじで歩こう七ヶ宿
住所:宮城県刈田郡七ヶ宿町字関126
開催日:2018年8月26日
参加申し込み期間:2018年6月1日~7月16日まで(定員になり次第締め切り)
電話番号:0224-37-2177(七ヶ宿観光協会)
詳細URL:
https://town.shichikashuku.miyagi.jp/sightseeing/news/2018/06/post-54.html
前夜祭の火祭りは、七ヶ宿ダムの公園で行われます。
東北最大級の採燈護摩供と、花火の打ち上げが翌日の旅の安全祈願として行われます。
参加者は護摩木に願い事を込めて奉納することが出来ます。
基本情報
名称:火祭り
住所:〒989-0537 宮城県刈田郡七ヶ宿町上野 七ヶ宿自然保養公園
開催日:2018年8月25日 夕方~

1日目 七ヶ宿観光

七ヶ宿の観光名所を紹介します。
滑津大滝
2段になっている滑津大滝は、横幅30mで水量が多いのが特徴の迫力ある滝です。
滝のすぐ横まで遊歩道があるので、間近で滝を見ることが出来ます。
マイナスイオンをたっぷりと浴びれる、自然の癒しスポットです。
安藤家本陣 
立派な佇まいの安藤家本陣は、参勤交代のさいに大名が宿場として利用した建物です。
現在も住居として使われており、内部は見ることが出来ませんが、宿場町の風情を感じられるランドマーク的存在です。
そば街道 そば吉野
そばの栽培が盛んな地域であり、美味しいお蕎麦を頂くことが出来ます。
そば街道と呼ばれる道沿いには5件のお蕎麦屋さんが点在しています。

吉野は安藤家本陣のすぐ近くにある、江戸時代から続く老舗のソバ屋です。絶品のお蕎麦や天ぷらを頂けます。
営業時間は15時までですが、蕎麦がなくなり次第終了のため、早めに行くのがお勧めです。
やまびこ吊り橋
宿場町エリアからは少し離れる、やまびこ吊り橋。
延長120mの東北最大の吊橋です。高さ20mの吊橋からの景色は絶景です。
長老湖
やまびこ吊り橋よりもさらに奥に行くとあるのが、長老湖。
美し景色を楽しめるスポットとして人気です。特に紅葉シーズンは多くの人が訪れます。

白石駅・白石蔵王駅周辺のお勧めの宿

七ヶ宿には残念ながら宿泊施設はほとんどないため、お隣の白石市で宿をとるのがお勧めです。七ヶ宿はお店が閉まるのも早いので、注意が必要です。
パシフィックホテル白石
JR白石駅から徒歩1分。蔵王周辺の観光拠点にお勧めの宿です。ホテルからは白石城を見ることも出来る、好立地の宿です。
宮城名物の牛タンを食べられるレストランが1階にあります。
ベネシアンホテル白石蔵王
2018年の春にオープンしたばかりの、ベネシアンホテル。
ゆったりとラグジュアリーな気分を味わえるホテルです。
白石蔵王駅からのアクセスが非常に便利です。

道の駅七ヶ宿

道の駅七ヶ宿では、七ヶ宿の特産品や名物グルメを楽しめます。
七ヶ宿カレーやご当地麺の白石温麺、可愛いピンクの紫蘇味のソフトクリームなどがあります。
七ヶ宿では午後の早い時間に飲食店が閉まるので、早めに夕食をとり、前夜祭会場には何か買って持っていくのがお勧めです。

18:30 前夜祭スタート 七ヶ宿自然保養公園 

明日の旅の安全を祈願する、前夜祭の火祭り。
大迫力の護摩、ダム湖上に上がる花火など、迫力満点の光景を見ることが出来ます。
護摩では願い事を奉納出来るので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

2日目 わらじで歩こう七ヶ宿

7:20~8:30 受付 七ヶ宿役場
8:30までに受付を済ませ、出発までの時間に準備を整えましょう。
イベントTシャツを着るもよし、旅姿コンテスとに挑戦する人は是非、参勤交代を彷彿とさせる衣装に!
雨天決行のイベントなので、天気予報のチェックは忘れずに。天候が崩れる場合は雨具を用意して下さい。
9:35 スタート
実際に江戸時代に旅に使われた道を、わらじで歩いていきます。
わらじで歩くのは慣れないと意外と大変です。

道中には関所などもあり、江戸時代の様子を体験できます。
昼食・休憩
道中には鮎の塩焼きや果物、お漬物など江戸時代の人たちも食べたであろう物が用意されています。
当時の旅情を味わえる内容です。
わらじ完歩賞
11kmの道を最後まで歩ききれた人には、完歩賞として表彰状が渡されます。

人気のイベントなので、お申し込みはお早めに!

七ヶ宿周辺のお勧めの温泉宿

沢山歩いたあとは、温泉でのんびりし、蔵王観光を楽しむのがお勧めです。
四季の宿 みちのく庵
隠れ家的温泉宿のみちのく庵。
10室限定の為、ゆったりと過ごすことが出来る、贅沢な宿です。
仙台牛や三陸の海の幸など、地元の食材を使用した美味しい料理も堪能できます。
時音の宿湯主一條
国の登録有形文化財になっている、料亭旅館の時音の宿湯主一條。
風情溢れる建物と、個室で頂ける絶品の料理が人気の宿です。

奥羽の薬湯「鎌先の湯」と肌がツヤツヤになる「洞窟の湯」の、泉質の違う2種類の温泉を楽しめます。旅の疲れを温泉でゆっくりと癒やせます。
この記事に関連する目的
公開日: 2018-06-11 16:49:00.0
※掲載内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認下さい。
最終更新日: